オープン準備記

2007/10/10

分岐点

具体的に店舗立ち上げのために準備をしてきて2年半。

ここで転機を向かえている。


資金も商品も内装の目安も経っている。
特に今年6月からは、物件さえ決めればいつでもできる状態だった。

しかしながら、同じ6月に怪我を重ねてから、さらに自分の身体を向き合うことになった。
一番は自分の体力の限界を感じている。

そして店舗スタートから全てを一人でこなすのは難しいと判断した。
よい人材を見つけたものの、相手のタイミングも今は合わない。

ずっと目指していたものの一つ、店舗開業。
今、これを諦めることにした。


なによりも、期待してお店のオープンを待っていてくれた友人、家族、クラフト作家さんにお詫びしたい。

今確実に言えるのは、
Approachにできることはまだたくさんある。
「手作り」「自由」「ひと」
=With the handicraft goods, freedom, and the personv

Approachがいう「自由」
Freewill=どんな人も自分の人生を自分の意志で決める権利を持つ、という意味がある。
当たり前だが国、老弱男女、年齢、ハンディに関係なく人は皆平等であり、
人は働くためだけに生まれてきたのではなく、生きるために歩むために生まれてきたものだと考える。

「人」が支え合うものであるとすると、
Approachでいう「ひと」は自分自身の力でこころや身体、生活などを立て直す自立の意味が含まれる。
例えばなにか問題にぶつかった時家族や友人などに頼ることも必要だけれど、自分自身で心や身体、意識など立て直すために、また生き方を切り開いて行く考え方(セルプ.ヘルプ=selp help)にも共感している。

そして、「社会的意義のあるショップとして位置づけること」

これは、これからも全く変わらない。

今私はまさにセルプ.ヘルプの時。

視野をチェンジし、スタートラインに起ちたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/20

コミ二ケーションマーケティング

先日、株式会社 キャリア.マムの代表の堤香苗さんの講座を聴きにいった。
「売れるしかけづくり コミ二ケーション マーケティング」

色々なヒントを得ることができたが、販売する側にいる誰もが思うこと、
どうすれば、
なにをすれば、いいのか。

今までは消費者に提供し続けてきたが、これからは消費者のニーズの答えていけるものでなければならない。
皆のための商品では売れない。
どんな商品がほしいか、そのニーズを的確に把握していくことが重要。

値段と品質は比例する。
安くて長持ちする品はない。
5〜10年で消費者の動向は変わる。
よいものをつくるめに10年準備をしても、すでに遅い、ということがある。

良いものを高く買った時、6〜7割のクオリティを持っていたれば、人から人へ宣伝する。

マインド(精神面)
この店で買ってよかったと思って頂くこと。
商品+Rのサービスにどんなことができるか。
ありがとう、の言葉をいただく。
そして起業姿勢。

などなど、いくつかの要点を聴くことができたものの、
やはり自分のセンスと姿勢が大きいと感じる。
誰もがこうやれば、売れるのではない。

最後に手順や、具体的方法までは、自分で考えてください、と言われた。

2時間3000円の講習内容も、
やはり商売なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

物件の行方

今年に入り、川口と渋谷での両面で物件を探してきたが、
どうしても納得できるものが見つからない。

8割納得すれば、上等だといつかの不動産やさんの言葉がよみがえる。
妥協を重ねて見つけた物件は、売り上げが上がらない時に物件のせいだと思ってしまうから。

どうしてもやりたかった、渋谷の宮益坂の物件。
1坪5万でも私はどうしてもやりたかったが既に隣接していたアクセサリ−ショップが手を打っていた。
ここのようにでやりたい!と思った物件がずっと見つからない。


専門学校卒業後3年。
卒業してから具体的準備をスローではあるが進めてきた。
資金もある程度揃い、仕入れも6〜7割済んでおり、
物件が決まり次第、国内仕入れと什器購入、内装準備に入るだけだ。

渋谷でも、ここら辺。
川口でもこのあたりなら、いけるかも。
その土地ならどこでもいいというものではないだけに、慎重に進めてきた。

1年前に川口に大手のエスニック雑貨店「チチカカ」ができたが、8月を持って撤退した。
人通りの多い商店街だったが、川口では合わなかったのだろうか。

私のような個人戦でショップを創ろうとする人たちも物件探しが一番大変だったと聴く。
どこかで妥協し、そして妥協幅も増やして行かなければ本当に見つからないのか?
物件に自分が合わせるしかないのだろうか。

自分のコンセプトあった物件。
そうでなければ、やる意味がないと思うのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

クロコダイル

以前ネット運営のイーバンクの口座の申し込みをしたが、結局使わずじまいになった。
利便性がよかったものの、どこかで実店舗やATMもないことにカードが届いてからも漠然とした不安があった。

私は社会のスピードについていってないなあと思うことがある。
ゲームの世界は全く分からないし、PC操作も未だに基本操作のみ。。
昔、ラジカセ&カセットテープがあり(今もあるが)CDが出て来たと思ったらMD、
そして今はiPod。
私はMDはもったことがない。
カセットウォークマンから一気にiPodを使うこととなった。
今は当たり前の携帯電話も、固定電話があるためプリペイドどまり。ポケベルを持つこともなく携帯が進化していった。

Approach専用の銀行をどこにしようか迷っていたが、新生銀行にした。
振込、引き落としなどの手数料が365日24時間無料。
ネットでも振込も月5回まで無料。

今まで何度時間外で手数料を取られたことか。。
私には105円が大きい。
このお金で100円ショップで買い物ができる。

昼間仕事して夜引き落とししたくてもできないのはやっぱりおかしい。
そして時間外でも結構な人が利用している。
この手数料は毎日どのくらいの利益となるのだろうか。。

ちゃんと店舗とATMが設置されていることに、やっぱり安心した。

準備、運用、通販において利用する。
カードの色が32カラーから選べるのもなんだか楽しい。
Approachカラーに近いクロコダイル色を選んだ。
Approachのグリーンは癒しの色でもあるけど、
クロコダイルはワニだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

フリマ終了!

台風でどうなるかと思ったが無事、展示販売(フリマ)が終了した。
川口では2回目。
リサーチが目的のため、HP以外はほとんど宣伝はしなかった。

お客様の層と反応を確かめる。
渋谷との違いは圧倒的に50代以上の女性が多い。
そして男性も割と多い。
売れ筋はバックとアクセサリ−。これは前回もそうだった。
キッズものはまだアイテムは少ない中も見る方が多かった。
アクセサリ−はやはりシルバーが人気。
個性的なデザインとシンプルなものともう少し組み合わせしたいところ。


友人のHさんにまた手伝ってもらい、無事に終わる事ができた。
今は少しだけのビッコ。
彼がいなければ出店することもできなかった。

台風の翌日、遅れて知った新潟の地震の影響はどのくらいあったのかは、正直分からないけど渋谷との比較、商品アイテムの需要度、お客様の層など確認することができた。
大きな違いはなによりも接客の時間が長く持てること。
50代以上の女性は手芸を自分でされるかたも多く、御自分から話される方が多い。
知らないことを知れるし、情報収集を兼ねて学ぶことができる。
年齢で接客の質や量も大きく変わる。

日焼けしないよう薄い長袖きたけど、手がやっぱり焼けてしまった。。

帰って新潟の地震がすごくてびっくり。。
3年前のことが思い出される。
人ごとではないし、募金くらいしたいと思う。

P1010102


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

出店の準備

前回手伝ってくれた友人Hさん。
楽しかったからまたしたい、今度はいつやるの?と電話をもらったのが6月の始め。

以前渋谷でやったアースディの時は兄が手伝ってくれたが、私がいろいろ指図するものがだから兄はだんだん不機嫌になっていった。。会社勤めの兄は、お店の段取りや販売術など知る由もない。。

仕事は集中するとどうしても、周りに気をまわすことを怠ってしまうことがある。
家族だからだったからかもしれないが、時間がない中で満足するディズプレイを完成させるのに下手したら半日かかったりする。
だから焦るし、やることだらけで写真を撮ることもよく忘れるのだ。

人と一緒に仕事をする、造り上げていくことは難しい。
楽しくなかったらもう手伝いたくないのも当然だ。

友人に感謝!
あれから兄は二度と来ない(苦笑)

P1010068_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

Approach 展示販売♪

7月16日(祝)川口駅東口にて市内では2回目のフリーマーケットで展示販売をすることにした。
今回もリサーチが目的。

前回は40〜50代の女性の反応がよく意外な結果となった。
男性も渋谷のフリマと比べて多かったように思う。
そして子ども連れのファミリー層。
今回も全体的なお客様の層、Approach への反応など確かめる。

川口でもショップが開けるか(持続できるか)、
好きになってくださる層がターゲット範囲内に入るか、
魅力ある商品の開拓はまだ必要だが、
100%を目指そうなら、きっといつまで経ってもオープンできない。

経営しながら、止まってしまったオリジナル開拓や商品の充実さも向上していきたいと考えるようになった。
オリジナルは特に現地に仕入れに行った際に作って持って帰ることも可能なのだ。
スタッフができたら十分に可能だ。

今回のフリマもタイの手工芸品が9割近く、他バングラデシュとクラフト作家の作品を置く。
生産者説明POP、商品POP,タグなどは漏れのないようにしたい。
新たにハンガーラックやお客様用のミラーも購入済み。
手持ちで持って行けるかが心配だ。
でも、なんとかする。

アクセス:川口駅東口前公共広場 徒歩1分
川口駅東口キュポラ広場
10:00〜15:30:入場無料

主催:NPO法人フリーマーケット主催団体協議会協力NPO埼玉ネット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

渋谷or川口

情報収集の目的が多かったが、地元川口の出店も視野に入れながらこれまで渋谷での物件を探してきた。

今月末で目標資金が揃うことが決定し、
今後は細かい資金計画を立てながら、集中的に物件を探してゆく。

立地的に渋谷でできたらどんなにいいだろうという想いは変わらないのだが、
やはり最大の問題は自分の体力面。
現実的に一人でお店をまわすことを考えると渋谷まで往復2時間程度。
お店に合わせライフスタイルも変えなければ持続するために難しいのかもしれない。

前回の川口でのフリマはよい感触があった。
もう一度フリマを開催することと、
川口市に詳しい経営アドバイザーに自分の事業内容がマッチするかの相談をしてみるつもりだ。

確実にどちらにするかは決めかめているが、
一番最初に出店したかったのは地元の川口。
今、再度迷っている。

専門的な意見を含めながら様々な人の意見を聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

資金のめど

起業するための資金収集のめどがやっと、見えてきた。
どうにか6月末までには開業資金が揃いそうだ。
すごく長かった。。

これを待ってもうかなりの歳月が経ってしまったが、これで集中して物件を探しいつ決めてもいいような環境が整ってくる。
今年、間に合ってほしいと思う。
クラフト作家さんや周りの友人にも、そして家族にも心配もかけしている。


資金待ちをしながらやってきたことは様々だけれど、課題はなんといっても体力。
体力だけは人に頼ることはできない。

仕事も遊びも休むことも大事。
しかし、バランス感覚のセンスも必要なのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/23

値段設定

久しぶりにアースディに遊びに行った。
風が強かったが暖かくてかなりの人出があり歩くのもやっと、という感じだ。
今回は以前のようにフリマブースはなく、全部といっていいほどテントばりのプロ出店だった。
自分の好きなエスニック、環境系の雑貨、服などが並ぶ。首都圏または近辺のショップが集まるので充実している。見るだけでも商品アイテム、タグや、質、接客も結構参考になる。

気になったのは、プライスの付け方。
前からApproachでの商品の値段設定についても、自分なりにコストを踏まえてつけてきたが、同じタイからの商品が多い中それぞれのショップの値段のつけ方に驚く。
店舗リスク、直輸入、国内仕入れにもよるのだろうが、これはないでしょというような高額な値段も時々あった。

例えばカレンシルバーと布を組み合わせたブレスレッド。
Approachではヤオ族の作家さんのものがあるが相場は1500〜2000円
アースディで見たものはかなりシンプルなものでも3800円、
ネックレスは8500円(聞いたもの)とApproachならビーズなど加えても2500〜3000円代のものだ。
同じタイのものだけにそんなに質的にも大きな差があるようにはとても見えない。
60種類くらいある中でディスプレイされたアクセサリ−にはたった一つしか値段がつけられていなかった。

たった一つシンプルなブレスが3800円、と参考程度にあるように見えた。
うちの相場はこれですよ、と。

他の人は一体どういう計算で値段をつけているのか知りたい。


私は「フェアトレード」という言葉、世間でのイメージがあまり好きではない。
Approachではその言葉はいっさい使用していない、これからもしない。
だけど、仕入れ代、郵送代、生産者の手間、品質などのコストを考慮して正当なプライスをつけているつもりだ。

「お店」はどんなに素晴らしいコンセプトや方針をあげても結局商売として成り立たせないといけない。
かと言って金儲けだけなら「雑貨屋さん」本来向かない業種。
苦労して海外に行き、時間をかけて異国の人とのコミュニケーションに、言葉にトイレ、慣れない食事にベット、+ぼったくりにだって困ることはないのだ。。。

「商売はずる賢くないとできないもの」
という言葉を聞いたことがある。

でも、正直な商売が成立しない社会なら、
やらない方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧