« 保育の向こう側 | トップページ | 人との繋がり »

2007/12/10

我慢の限界って

いろいろなことが重なり、
昔はかなり物事とはっきり言って自己主張も強かったのに、
だんだんと言えなくなっていきてる自分に改めて気づいた。

自分のこだわりや世界感は持っている。
でも、我慢することが年を重ねると共に確実に増え、そういうことが当たり前だと思っていたのだが、
自分らしさを出すことが少しなくなってきたのかな、と思わされることがあった。

我慢を続けると、人間消極的になる。
ひとを見てそう思い、
自分にも思う。

我慢は大人になることなのだろうか?
どこまで我慢するのが、大人としてのマナー?
これだけは無理、というのはある。
だけどその許容範囲が広くなるほど、我慢する幅も自然と広がる。

怒りを我慢する時、ここで怒ったら大人げないと思ってしまう自分がいる。

それがいいのか、
悪いのか、ちょっと自分に問いかけてみる。

人に対して素直な気持ちで接することはできるけれど、自分のことをあまり話さなくなった。
聞き役が多い。
もちろん苦でなくむしろそのほうが楽なほど。
人に言えないことも増えているというのもあると思う。

私のストレス解消の一つは、本当は相手に話を聞いてもらうこと。
でも、
なかなか難しいなあと思うことがある。

|

« 保育の向こう側 | トップページ | 人との繋がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我慢の限界って:

« 保育の向こう側 | トップページ | 人との繋がり »