« 世界エイズデー | トップページ | 我慢の限界って »

2007/12/03

保育の向こう側

久しぶりの保育。
子どもと接するのは数ヶ月ぶり。

今回はボランティアで、アフリカと日本のハーフの子ども達のイベントに参加させてもらった。

中心が5〜10歳くらいの子ども達。
やっぱりかわいいなあ。

保育は、子どものためではあるけど本来は保護者のため。
保護者が、子どもと離れても安心して仕事や有意義な時間を過ごすために使う手段。
サポートする側は、安全に、健康に、時間を過ごし見守ること。
これは根本的なもの。

子どもを育てるのは、
親や保護者に限らず、保育所、幼稚園、施設、そして社会の大人たち。
母親がストレスのために子どもを殺してしまう事件は残念ながら、なくなることがない。
核家族の問題もあるし、企業の問題もある。
働きすぎる男性の子育てがあまりにも少ない。

子育ては、「参加」ではない。「助け合い」だと思う。
二人が当たり前にすること。


イベント参加してくださった17組中の親御さんのほとんどが女性。
アフリカのお父さんが一名、日本のお父さんが一名。
イベント終始、遠慮がちに部屋の端におられ、一緒に楽しむというよりは付き合いできた、
という感じが見て取れた。

もっとお声掛けをすればよかったと心残りになった。

こういう場でのお父さんの存在は、子ども達にとっても貴重になってしまっている。
お母さんだけでなく、
できるだけ多くの「お父さん」がイベントに参加してくれることを願いたい。

|

« 世界エイズデー | トップページ | 我慢の限界って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育の向こう側:

« 世界エイズデー | トップページ | 我慢の限界って »