« 携帯 | トップページ | 片付けられない女 »

2007/11/20

Plain_126

4人。
直接の友達じゃないけど、今迄私の周りで自ら命を経った人の数。

今回は23歳という若さ。
現代社会の若い人の問題は、
就職難やニート、人間関係のコミ二ケーション不足、親子関係、学校環境などいろいろ上げられている。
結局彼は、何に悩み苦しんでいたのか分からなかった。
日頃から、生きていることがいやだと言っていたようだが、まさか本当にヤメるとは思わなかったと。

つき合っていた彼女が泣き叫んでいたという。
どうして自分に言ってくれなかったのかと。
私が彼女なら全く同じく思う。
彼女や家族に友人、周りの人、残された人に重い傷が残った。
残された人の方が辛い。

若い人と一緒にいると10年くらいの年の差でも、コミ二ケーションの乏しさに戸惑うことがある。
反応があまりないのだ。
冷めているというか、とりあえずテンションが低い子が多い。
性格、環境にもよるのだろうが、他人と話すことに慣れていないというか、
その気がないというか。
時代の変化なのか、よくは分からないけど自分の考えや気持ちをきちんと出せる人が
昔より少なくなってきているのかなとも思う。

その上で男性に自殺者が多いのは、
やっぱり「男らしさ」に苦しんでいることも外せない。
弱音を吐く事が恥ずかしい、
言えない、言う人がいない、
プレッシャーや責任感に圧迫される、
我慢強くなる、または求められる、

女性なら、人に話すことによって、訴えることによって解決しようとする。
またはストレスを発散できる。
男性はそうできる人が割合少ないと思われる。

いいんだよ、
弱音吐いても、
泣いても、
プレッシャーなんか感じないで。

女も男も人間。
弱い生き物なんだ。
時には助け合うことが必要。

もし、
「男らしさ」に苦しんで、命を絶ったのなら、
それは社会に殺されたものと同じだと、
私は思う。

|

« 携帯 | トップページ | 片付けられない女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 携帯 | トップページ | 片付けられない女 »