« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/28

世界エイズデー

12月1日。
世界エイズデーは、世界規模でのエイズ蔓延の防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別、偏見の解消を目的として、1988年に世界保健機関によって定められた記念日。

1988年から2004年までは、国際連合エイズ合同計画によって運営されていたが、2005年からはThe World AIDS Campaign(WAC)によって運営されている。シンボルは赤いリボン(感染者・患者への連帯を表す)。

エイズ問題は日本ではあまり語られないだけでなく関心にのぼること自体少ないようです。しかしこの病気が拡大し始めてから、既に2千万人もの人が命を落とし昨年だけでも50万人の子どもを含む300万人が亡くなっている。
今すぐ治療を受ける必要のある人は、成人・子ども合わせて500万人にのぼり、またHIV感染者3千5百万人がエイズ発症の危険に直面しているという。
しかし、現実には治療を受けている患者の数は50万人にも満たないのが現状。

アフリカ全体では、抗レトロウイルス(ARV)薬による治療を受けている患者はそれを必要としている患者の4%に過ぎない。

本のエイズ感染(2006年)
1)1年間の増数
 感染者:952人(過去最高)
 発症者:406人(過去最高)
2)2006年末までの感染者数と発症者累計
  1万2394人
3)年齢別
 05年に比べ、30、40歳代の感染者数が大幅に増加。
30歳代が約21%増えて390人、
40歳代が約36%増の164人、
患者数も30歳以上の中高年で増えていた。

4)感染経路
 同性間の性的接触が768人、異性間の性的接触が363人。感染地域は、感染者の約87%(828人)、患者の約78%(315人)が国内感染と推定された。
5)増加の理由
 「エイズ検査の普及と、感染者の増加によって、過去最高を更新したと言われている。


まずは知ることからでも、
今更でも、いい。
たまたま、今は自分じゃないということ。

自分を守ることは、好きな人を守ること。
年々、確実に他人事じゃなくなってきている。

大事なひとを、守ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

片付けられない女

これに当てはまるのは、多分私も入る。
いつでも、キレイに、毎日掃除をすることは、
私には無理だ。。

料理も洗濯もほとんど毎日するし、掃除機もちゃんとかける。
でも、なぜかすぐに散らかってしまう。


モノが確実に増えて、収納が間に合ってないのだ。
特に、服、本、仕事の資料系が溢れてしまう。

よく部屋のきたなさが、心の表れだというが、我ながらそう思う。
きちんと仕事ができる環境にしたい。
能率よくこなせるようなデスク周りを作りたい。
部屋の見た目だけを気にして低い家具のみに拘ってきたあまり、今になって使いこなせなくなってきた。
いらないと決めた服や雑貨、を勇気を持って処分しなくてはいけない。

エコと環境を考えたらゴミは増やしてはいけない。

でも、もったいないと思い溜め続けてしまった洋服や雑貨、本たち。
葛藤をもち時間だけが過ぎてしまっている。

お掃除片付け隊というような、部屋のコーディネートをプロがしてくれる業者がある。
よくテレビでやっている、大変身した部屋。
自分もやってもらいたい!!

相場を調べたら、30万はかかるとのこと。。

私には縁のない買い物だ。
そして節約生活なのに、これ以上買い物してどうするのだ。
自分のセンスを信じて、自分の力でやろう。。
 目標は、今年中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

Plain_126

4人。
直接の友達じゃないけど、今迄私の周りで自ら命を経った人の数。

今回は23歳という若さ。
現代社会の若い人の問題は、
就職難やニート、人間関係のコミ二ケーション不足、親子関係、学校環境などいろいろ上げられている。
結局彼は、何に悩み苦しんでいたのか分からなかった。
日頃から、生きていることがいやだと言っていたようだが、まさか本当にヤメるとは思わなかったと。

つき合っていた彼女が泣き叫んでいたという。
どうして自分に言ってくれなかったのかと。
私が彼女なら全く同じく思う。
彼女や家族に友人、周りの人、残された人に重い傷が残った。
残された人の方が辛い。

若い人と一緒にいると10年くらいの年の差でも、コミ二ケーションの乏しさに戸惑うことがある。
反応があまりないのだ。
冷めているというか、とりあえずテンションが低い子が多い。
性格、環境にもよるのだろうが、他人と話すことに慣れていないというか、
その気がないというか。
時代の変化なのか、よくは分からないけど自分の考えや気持ちをきちんと出せる人が
昔より少なくなってきているのかなとも思う。

その上で男性に自殺者が多いのは、
やっぱり「男らしさ」に苦しんでいることも外せない。
弱音を吐く事が恥ずかしい、
言えない、言う人がいない、
プレッシャーや責任感に圧迫される、
我慢強くなる、または求められる、

女性なら、人に話すことによって、訴えることによって解決しようとする。
またはストレスを発散できる。
男性はそうできる人が割合少ないと思われる。

いいんだよ、
弱音吐いても、
泣いても、
プレッシャーなんか感じないで。

女も男も人間。
弱い生き物なんだ。
時には助け合うことが必要。

もし、
「男らしさ」に苦しんで、命を絶ったのなら、
それは社会に殺されたものと同じだと、
私は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

携帯

何年ぶりだろう。
携帯を変えた。

私は自宅にも電話があり、PCやFAXもあるし、携帯はプリペイドで十分。
それにしても、迷惑メールがここ二ヶ月で頻繁になった。
一日30件ほど来る。
消す手間があり、毎日イライラしていた。

こういう経験は多分、多くの人がある。
この絡繰りはなんなのだろう。
ほとんど男向けサイトの紹介。
対象に「女」はいないのだ。

こんなことでも、
いちいちジェンダーを感じる。
日本に埋もれた穢い性。
本当は、とてもステキなことなのに。

こういうマスコミたちの性表現のせいで、
女性達は罪悪感を感じることがある。

新しい携帯はずいぶん、進んでいた(笑)
プリペイドでも、すごい機能。
私にとっては十分すぎる。


長く、
大事に使おう。
Plain_103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

DV防止週間

今日からまた、「女性に対する暴力をなくす運動」が始まる。

日本では毎年11月12日から25日までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」期間と定めている。
女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で、克服すべき重要な課題である。


*「女性への暴力防止を訴えるパープルリボン・プロジェクト」を推進する

DV(ドメスティック・バイオレンス)や虐待 などの暴力をなくすこと、暴力の被害にあってい
るひとたちの安全を守ること、暴力が絶対にあってはならないことを周囲に伝え、関心をもっても
らうことにより、一人ひとりが参加、行動できる キャンペーン。
パープルリボン.プロジェクト

紫色のリボンを身に付けたり、飾ったりすること で暴力の元に身を置いている人に勇気を与えてほしい。
1994年にアメリカの小さな町で発祥した、 インターナショナル・パープルリボン・プロジェク トは現在40カ国以上の国々とアメリカ全州の会員 から国際的なネットワークに発展している。


自分はDVを受けた経験はないが、
でも、周りにはいる。
そして、接客業などをしていると知らない男に暴言を吐かれたことはある。
これは、もう「お客様」ではない。

ひととして、男として、最低な行為だ。
それに気づかない無知は恐ろしい。
それをされていることを知っておきながら、助けようとしないのは、
もっと穢い。
苦しんでいる人がいるんだと、
まずは知ってほしいと思う。
Cocoro002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

認知症

友人の親が認知症の疑いがあるという。
長年子どもを育て家事育児に頑張って来た母が、
包丁の使い方を聞いて来たという。

電気料金の振込を毎月しているのに、それも忘れてしまう、など。

なんで?
どうしたのさ?
大丈夫か!!

訳が分からず母を責めてしまったと話していた。
親が認知症かもしれないことへのショックも大きかったようだ。

私は病院に行く事と、
決して怒ってはいけないと伝えた。
やっぱり専門家の診断は必要だと思う。

本人には本当に分からないのだ。
こちらは、言葉を受け止めて、説明をしてあげるしかない。
家族の忍耐が必要となる。

60歳の親を持ち、その気配を感じ取った友人と私は同じ年。
誰もがなりうる可能性のある病気。
この年だと進行は遅いようだが、若年型認知症は30代〜40代でもなる。そして進行が早い。

早くても、遅くても、本当に病気なら確実に進行する。

日本がかかえる問題の一つ。
介護問題。
人ごとではない。

P1010169_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

アプローチ

Approachを立ち上げてから一年と10ヶ月ほど経った。
コンセプトや名前ももちろんすごく悩んで決めたものだが、
我ながら気にいっている。

アプローチ。

前向き
持続
向上
目指す
近づく

そういったキーワードが含まれている。

アプローチはなんのため?
誰のため?
それともやっぱ、自分のため?

年を重ねると、
考え方とか、
ひとへの接し方とか、
自分なりだけど、まだ甘いかもしれないけどでも痛い分、
苦労した分だけ、
確実に変わる。

アプローチが、
特定の人に限らず、
でも、
必要としてくれている人たちへ役に立つ事ができたら。
どんなにいいだろう。。

これからも、
地道に、目指したい!


大好きですよ、Approach〜
Rgb

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »