« 結婚って | トップページ | 分岐点 »

2007/09/30

4年越し

前にも書いたが、専門学校時の友人が出家してもう4年が経つ。
彼女は途中で辞めてしまいさよならも言えないまま、時間だけ過ぎていた。

出家して3年が経つころ、ハガキをもらった。
連絡先も伝えていたし、心のどこかで待っていた。
彼女は最初のお詫びの手紙に、また連絡する言ってくれていたので約束を守って連絡をくれたのだ。
でも、そのたよりには東京には来ることがあるけど、会う事は難しいかもしれないとのことだった。

私も手紙を書いた。
是非、やっぱりどうしても会いたいって。


学生時代、これから仲良くなれる時で本当は彼女のこともよく知らないくらいだった。
普通なら、離れてしまうとそれきりになることもよくある。。
でも、彼女とは繋がっていたかった。
逢うことに何年経っても諦めきれないでいた。

そして先日突然、東京に行くので会いませんかっていう手紙をもらった。
急で驚いたけどこのチャンスを逃してはならないと思った。


再会。
もう、彼女は友人というより一人のお坊さん。
少し痩せて、顔つきも少し変わった。さらに目も強くなったような気がした。
改めて自分とは違う世界にいる人。
尊敬している。


2時間半くらいの短い時間だったが、色々な話を聞く事ができ、自分も聞いてもらうことができた。
少し心が救われた。

彼女は人のために生きる人。
それが使命だと言っていた。

私は、
誰かのために生きられるのだろうか?
それ以前に、多くの人によって生かされているのだと思う。


一つ改めて感じたこと。
強く願っていることは、叶うことできる。
私の気持ちが伝わっていたことが嬉かった。

応えてくれた彼女に感謝したい。
ありがとう。

|

« 結婚って | トップページ | 分岐点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4年越し:

« 結婚って | トップページ | 分岐点 »