« GW | トップページ | 資金のめど »

2007/05/08

会いたい。

専門学校の時に、お坊さんになるために退学して別れた友人からメッセージカードが届いた。
ポストを開け、「おお!」。
驚きと嬉しさがこみ上げた。

当時、これから仲良くなれそうな時期だったため、さよならの言葉もなくいなくなってしまって、
今や3年の月日が経った。
退学することを知った最初の授業でこら堪えきれず、友人と涙したのだ。


学生の時の印象でも自分よりも年は若いけれどすごくしっかりしていて、自分の軸がしっかりしている人だった。
私が交通事故で入院したときも、学校の友人で一番最初に顔を見せてくれたのも彼女だった。

お坊さん。

私のテリトリーにはない世界。
彼女は今そこで毎日どんな修行を重ね、なにを思い、日々過ごしているのだろう。


人にはそれぞれの道のりがある。
今自分は日本にいるけれど、日本でビジネスをしたいと考えているけれど、
その先の将来はどこか海外に行きたいとも考えていたりする。

それが現実になるか、ならないかはやはり自分次第。
自分次第で人はどうにでも変われるのだ。


お坊さんになった彼女は返事は気になさらずにと、またこれから会える機会がないかもしれない、
とのことだったけれど、
私は信じたいと思う。

またの再会ができることを。
そして返事を書こうと思う。

あの当時の彼女からは想像できない、きっと今の彼女がいる。

彼女から、また勇気をもらったような気がする。
ありがとう。

|

« GW | トップページ | 資金のめど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会いたい。:

« GW | トップページ | 資金のめど »