« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/30

美容整形

女性にとって男性にとっても美容に関するテーマとても関心深い。

ダイエットに苦しむ女性、胸があともう少し大きかったら、足がもっと細かったら、シワ、シミ、もなくしたい。
髪の毛の薄さや体毛の濃さに悩む男性。
体臭や口臭が気になる、側によったらキスしたら嫌われないか?とか小さな悩みをあげればいくらでもできてくる。

それらの多くは実は、マスコミやTVでの影響による恋愛観や社会での形作られた価値観に左右されていることと無関係ではない。

それでも私も悩むその一人。
思春期の頃から悩み、それが今もある。
それらは確実に解決することはないだろう。

雑誌や本屋、電車などの広告での美容整形情報は目を引く。
変身した奇麗な女性達をみると自分も整形をしてみたいと思う。

美容は生きているうちの永遠のテーマだ。
美容は誰のため?
誰かのために奇麗になりたいの?

やっぱり自分のため?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

古紙100%再生紙は環境によくない!?

「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでしたのニュース に驚く。

 日本製紙は07年4月24日に、「古紙100%の再生紙を廃止」と発表した。理由は2つあるという。ひとつは、古紙を何度も再利用しているために再生紙の品質が悪くなっていること。ふたつ目は、古紙100%の再生紙を製造する際には化石燃料(石油・石炭)の使用量が増えて、二酸化炭素排出量が古紙を使わない場合の2倍以上になること。だから「100%」にこだわるのではなく、用途に応じて最適な古紙配合率を決める必要があるという。

自分の名刺も古紙70%の再生紙を使っている。
知らないというのはこわいことでもある。
いいと思って使っていても、続けていても逆の結果を蒙ることはモノだけに限らず、身体に対してもそうだ。

いいと思って飲んでいるサプリメント、食品についても本当の効果なんて数ヶ月後、数年後にならないと表れないこともあり、もしかしたら飲まなきゃ食べなきゃよかったかもしれない、と気づいた時には既に遅いこともありうるだろう。

そう考えてしまうと切りがなくなってなにをするにもできなくなってしまう。

それも困る。
だけど完璧は無理。
でも情報にアンテナを張って知る事で回避できるものを選ぶしかないのかもしれない。。

今度、作る名刺。
また考えよう。
そして今の名刺、大事に使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/23

値段設定

久しぶりにアースディに遊びに行った。
風が強かったが暖かくてかなりの人出があり歩くのもやっと、という感じだ。
今回は以前のようにフリマブースはなく、全部といっていいほどテントばりのプロ出店だった。
自分の好きなエスニック、環境系の雑貨、服などが並ぶ。首都圏または近辺のショップが集まるので充実している。見るだけでも商品アイテム、タグや、質、接客も結構参考になる。

気になったのは、プライスの付け方。
前からApproachでの商品の値段設定についても、自分なりにコストを踏まえてつけてきたが、同じタイからの商品が多い中それぞれのショップの値段のつけ方に驚く。
店舗リスク、直輸入、国内仕入れにもよるのだろうが、これはないでしょというような高額な値段も時々あった。

例えばカレンシルバーと布を組み合わせたブレスレッド。
Approachではヤオ族の作家さんのものがあるが相場は1500〜2000円
アースディで見たものはかなりシンプルなものでも3800円、
ネックレスは8500円(聞いたもの)とApproachならビーズなど加えても2500〜3000円代のものだ。
同じタイのものだけにそんなに質的にも大きな差があるようにはとても見えない。
60種類くらいある中でディスプレイされたアクセサリ−にはたった一つしか値段がつけられていなかった。

たった一つシンプルなブレスが3800円、と参考程度にあるように見えた。
うちの相場はこれですよ、と。

他の人は一体どういう計算で値段をつけているのか知りたい。


私は「フェアトレード」という言葉、世間でのイメージがあまり好きではない。
Approachではその言葉はいっさい使用していない、これからもしない。
だけど、仕入れ代、郵送代、生産者の手間、品質などのコストを考慮して正当なプライスをつけているつもりだ。

「お店」はどんなに素晴らしいコンセプトや方針をあげても結局商売として成り立たせないといけない。
かと言って金儲けだけなら「雑貨屋さん」本来向かない業種。
苦労して海外に行き、時間をかけて異国の人とのコミュニケーションに、言葉にトイレ、慣れない食事にベット、+ぼったくりにだって困ることはないのだ。。。

「商売はずる賢くないとできないもの」
という言葉を聞いたことがある。

でも、正直な商売が成立しない社会なら、
やらない方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

男女のトイレ

日本のトイレは当たり前のように男性は青か黒の色表示。女性は赤やピンクの色が使われ、性別んびよる色分けがきっちりなされている。

海外では、男女による色別は見られない。
タイやバングラデシュ、経由先のシンガポールでも男女共に統一されている。

先日デパートの屋上でランチを食べた。
屋上ではキッズ向けの滑り台や、ミニジャングルジムが設備され、暖かくなったこともありたくさん人がいた。
子どもづれの保護者はほとんどが女性。
父親らしき男性が一人見えると、たった一人なのになんかそれでもよかったと思ってしまう。
最近は自分よりずっと若い母親を見かけることもあり、若いのにすごいな、大変だな、頑張っているなあと率直に思う。

デパートのトイレは、「キッズとお母さんのためのトイレ」の表示があった。
興味があり覗いてみたが、全体的にキッズサイズになっておりこじんまりしていてカラフルな印象があった。

でも、二つほど気になった点がある。
「キッズとお母さんのためのトイレ」に行くための通路、入り口付近には、これでもかと子どもの目の高さに合わせておもちゃがたくさん並べられていた。それは構わないのだが、問題は通路。すごく狭くて整理されていない。ベビーカーが通れる幅を考えるとギリギリのスペース。トイレに入りにくいのだ。

また、入り口に入ってから目についた案内。
「お子様づれのお父様は、スタッフにお声掛けください」と。
そう、ここは「キッズとお母さんのためのトイレ」だから、お父さんは入れないのだ。
「キッズとお父さん」のためのトイレは用意されていない。

子どもの多くが現実的には母親だけに育てられていることが多い、のは分かるが、母子家庭があるように父子家庭もある。主婦もいれば主夫もいる。
ただでさえ育児休暇を取る男性が少なく、(2006年7月時点0.5%)取得することに後ろめたさえ感じる人もいるくらい、企業の認識と上司の理解が低い。
気軽に出かけられるデパートや、公園などでも気兼ねなく子育てができる環境も整えてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

商品タグ

フリマの為に作った今回のタグ。

画用紙の色が青白いです。。
エコでもありません。。
Wordの作成で文字位置にかなりの手間がかかった。。
印刷したら途中でインクが切れた。。
タグの大きさにカット、文字まで切って大量に失敗。。
英語ばかりだと、通じないかもしれない。。

やっぱりプロに頼むべきなのか?
思っていたよりも時間がかかり途中で自作では無理なのかなっと思ってしまった。


タグにはコンセプトに加え、洗濯方法を記載。
プライスor商品名、サイズの他、生産国、素材、特徴は絶対表示する。

ショップカードやポストカードもそうだけどApproachらしいものってどんなんだろう。
皆から見たApproachってどんなんだろう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口キュポラ フリマ

地元、川口キュポラ (キュポ・ラ) フリーマーケットに出店した。
初めての地元での出店。
天候は申し分なかった。
エリア的には一般不用品など80。商用が20用意されていたが全体でも20グループ満たなかったほど小規模なものだった。

駅前なので場所的には通りがかりの方には目につき易い。
自分でも何度かフリマをやっているのを見によったことがあるが、なかなか不用品だけとなると面白いものが見つかりにくい。

前回学んだことを生かし、アイテムを絞ったり増やしたり、少しプライスの見直しも計った。
時間は10時から15時半までのとても短い。
8時半に家を出て友人と二人で家から駅まで20分くらいかけて歩き荷物を移動。
商品より備品のほうがかさばる。
ディスプレイに時間がかかり(いつもなのだが)結局11時半を回る。
プライスについては最後まで完璧にできずじまい。


前日、深夜の2時過ぎまで値付けをしていたのだが、結局ビーズや細かい小物などのプライスまで手が回らなくて準備不足に反省が残る。

お客様の層は様々だったが、意外に多かったのが年配の方。
Approachのメインターゲットは30代前後なのだが、さをり織りのバックやTシャツなどは見てくださる方が多かった。渋谷のアースディは圧倒的に20〜30代だったが、今回6.7割くらいは50代以上のように感じた。
川口に住むインドネシアやガーナなど海外のお客様も目立ち「外国人の多い川口」を再度認識。

何度か書いたが、今回の目的は川口のお客様の層を見ることが一番の目的。
色々発見や反省点もあり、とても充実した。
販売する時のコミュニケーションや世間話はすごく大事。
今回は久しぶりということもあり余裕がなくそういう面では満足して頂けたか課題が残る。

商品をお渡しする時の袋やチラシももっとスムーズにお渡ししたかった。

川口に、自分のやりたいような店は今のところない。
お客様のニーズがどこまであるのか、もっと見極めたい。

一日手伝ってくれた友人、遠くから来てくれた友人、両親へありがとう♪
今日だって一人では成功しなかった。
そのことを忘れず、心から感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

フリマ準備3日前

私の悪い癖というか、性分というか、時間を使うのがへたくそだ。
もうフリマ3日前なのにPOP、タグ共に完成されていない。

タグは丈夫なようにできるだけ厚いほうがいいと購入したものの、プリント機に入っていかない。。
紙を買い直し、失敗すると困るので少量だけ購入。
うまくできて、追加分を買いにいったら、今度は在庫切れ。

前回ハンガーはプラスチックの黒を使用。
味気ないし、見た目的にもよろしくない。
今回は木製ハンガーを検討し、購入した。

オークションでも安いものが手にはいらないかと検索してみたが意外と高いものばかり。

細かい備品に関しては今回も100円ショップに結構お世話になる。
侮れないなー100円ショップ。やはり強いと思う。
在庫管理に関してはストックをほとんど持たないし、おとり置きや予約も難しい。
取り寄せ可能でもロットが30とか業者向けになる。
一応自分も業者になるのだが。。


雑用に関する準備が多い。
商品より備品のほうが荷物が多く、これ一体手持ちで駅まで15分、歩いて運べるだろうか。。。
とっても心配になってきた。

でも、なんとかなる。
なんとかするぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

選挙の結果

都知事選に関して。
予測情報は認識していたものの、彼の当選を聞いてため息がついた。

オリンピック、ですか。
夢をみたいですか?

問題が山祇されてても?

ただただ、投票できる権利がある人がしないのももったいない。
投票するのは権利だけど、権利を葬ったらなにもいえない。

文句もいえない。

私は都民でもなく都知事選の選挙権もなかった。
でも強い願望があった。

祈りは届かず。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

改正男女雇用機会均等法

先日平成19年4月1日から、改正男女雇用機会均等法が施行された。
今回の改正で、男女双方に対する差別や間接差別、妊娠・出産などを理由とする不利益な取り扱いなどが禁止された。

大まかに抜擢↓

(1)男女双方に対する差別の禁止
  これまでは、女性に対する差別が禁止されていたが、近年、「看護師資格を持っていても、男性であることを理由に採用されない」など、男性からの差別についての相談も増えていた。

(2)禁止される差別の追加、明確化
  これまでは、女性に対する募集・採用、配置・昇進・教育訓練、福利厚生、定年・解雇について差別が禁止されていたが、改正法では降格、職種変更、正社員からパートへなどの雇用形態の変更、退職勧奨、雇止め(労働契約を更新しないこと)についても加えて禁止される。
また、男女で異なる権限を与えることや、男女で業務の配分が異なる取り扱いをすることも禁じられる。

(3)間接差別の禁止
  近年、男女別定年制や女性結婚退職制など、明らかな差別は減っている。しかし、女性を採用・登用しなくて済むよう、女性が満たしにくい要件を定め、一方の性に厳しい条件を課す、形を変えた差別が問題となっている。

これまでの法律では、妊娠・出産・産前産後休業を取得したことを理由とする解雇が禁止されていた。

改正法ではこれに加え、
「男女雇用機会均等法の母性健康管理措置を求めたこと、受けたこと」
「労働基準法の母性保護措置を求めたこと、または受けたこと」
「妊娠または出産による能力低下または労働不能が生じたこと」
などにより、解雇、雇止め、減給、賞与などの不利益な算定、退職、契約内容変更の強要、不利益な配置の変更、降格などの解雇、その他不利益な取り扱いが禁止される。

(4)セクシュアルハラスメント対策
  セクシュアルハラスメントに対する具体的な措置を定めることを怠っている事業主が一部でみられる。また、女性だけでなく男性もセクシュアルハラスメントの被害者となるケースもみられることから事業主は、職場での男女に対するセクシュアルハラスメント対策として、次の措置を取ることが義務となる。

(5)母性健康管理措置
  事業主は、妊産婦が保健指導または健康診査を受けるために必要な時間を確保し、妊産婦が保健指導または健康診査に基づく指導事項を守ることができるようにするための措置(時差通勤、休憩回数の増加、勤務時間の短縮、休業など)を取る義務がある。このような措置が取られず、是正指導にも応じない場合には、企業名公表の対象となる。

5 ポジティブ・アクションの推進
  これまでも、事業主が「女性管理職を増やすために、研修や教育機会への女性参加を奨励する」などのポジティブ・アクションに取り組む際に、国が相談などの援助を実施していたが、改正法では、ポジティブ・アクションに取り組む事業主が、その実施状況を公開するに際には、国の援助を受けることができるようになる。

6 過料の創設
  厚生労働大臣(都道府県労働局長)が事業主に対し、男女均等の取り扱いなど男女雇用機会均等法に関する事項について報告を求めたにもかかわらず、事業主が報告をしない、または虚偽の報告をする場合には、過料を科すことになる。


これを理解し、現実的に改善していこうという企業がどのくらいいるのか大きな不安があるが自分でもよく理解して声に出していきたい一人でありたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/01

商品のピックアップ

4/15のフリマの商品構成を考える。
これまでタイに2回、バングラデシュに1回仕入れに行った。
タイが8割、バングラデシュのものが2割程度。

今回のフリマでは、昨年のアースディの教訓を生かして2回目の仕入れものを中心にピックアップ。
アクセサリ−(カレン族シルバー、ヤオ族創作、アプローチオリジナルetc)
バック、衣類(さをりTシャツ、タイパンツ、モン族シャツ&パンツ、バティック&プリントスカートetc),
大判のスカーフ、前回思いのほか人気があったナガ族の手織りサンダル、シューズ、モン族ポシェット、木彫もの、文具、小物、玩具など。

川口だし、小規模なイベントだからこじんまりできればいいかな、っと思っていたが、やっぱりやるなら、遠くから来てくださる人がせめてがっかりしないようにだけは、準備したい。

前回POP作業に手間がかかり、タグまでには手が回らなかったが今回は準備が間に合いそうだ。
コストや手間を考え自分で作ると決めたものの、自分はWordくらいしかできない。
試行錯誤でデータ作りまで完成した。
なんとか、やればできるんだとちょっと安心した。

あとはインクジェットと用紙を購入、印刷をする。
今回作るのは、服などの大判タグ。
アクセサリ−などの小サイズタグ。
ポストカードサイズの宣伝用チラシ。
共に裏表。

あとは、服のアフターフォローのご案内文を作る。
用紙タイプにするか、追加タグとするかはこれから決める。


残念ながらお取引との関係で現在オリジナル制作は企画段階でストップしてしまったが、タグに関してはタイで作る事に悩んだ長期間が、うそのように解決できそうで嬉しい。

もっと早くやればよかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »