« カレン族の村 | トップページ | 裏話 »

2006/09/28

帰国

9/12〜28までの短い、長い旅が終わった。
やっぱり失敗だらけの、反省ばかりの内容だったけど得たものに感謝し今後に活かしていきたいと思う。
フライトの移動も夜中や朝方に到着ばかりで身体的にもとてもキツかった。

バングラデシュと比べるとタイのものはクオリティが高い。バングラデシュでは初めてのオリジナル開拓。二つのグループにサンプルの洋服とスカートをオーダーすることができた。仕入れはノクシカタのベットカバーや織りの布、ワンピースを少しとオーガニックの紅茶など。

タイでは、木彫り村とカレン族の訪問をすることができた。仕入れ的には前回と違うものを入れた、洋服やアクセサリ−が多く占めた。前回のお取引のショップではヤオ族のクラフト作家さんのアクサセリーとも出会えた。
すごくセンスがよく彼女の感性が私ととてもよく合った。今後、Webでも紹介していきたいと思う。

全体的にバングラデシュと比べるとタイのものはクオリティが高い。
人にために動いてくれるのはどちらの国も同じ。悪い人がいるのも、やはり同じ。

なにかを得るためになにかを失う。モノだけではなく精神的にも。
でも失うものよりやはり得たものものほうが大きい。
一言でいうならそういう旅だった。
自分の目的、したいこと、のために出国前からも含めいったい何人の方が私のために考え、動いてくださったかを忘れず感謝しなくてはいけない。

写真
*バングラデシュ
Arts&craftsのアラさん
スティ先の友人の親戚
ホームヘルパースルマさんの家族

*タイ
カレン族
オリジナルアクセサリ−を作ってくれたメグさん
クラフト作家のヤオ族
お取引の Hさん&ご友人
アクセサリ−屋さん


P1010052

P1010038

P1010043_1

P1010078_1

P1010093

P1010089_1_4

P1010211
P1010161

|

« カレン族の村 | トップページ | 裏話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国:

« カレン族の村 | トップページ | 裏話 »