« ファッションショー | トップページ | 二度目のチェンマイ! »

2006/09/20

バングラデシュ最終日

19日の23時半の飛行機でダッカからバンコク→チェンマイに向かう。

空港までガイドさん、お姉さんが送ってくださり、御礼の挨拶と謝礼を渡す。
お金のことでは、途中問題も発生し家族を含む周りの方にいろいろご迷惑をかけてしまったが、私は仕事としてきちんと筋は通すつもりだったし、当初からの感謝の気持ちは変わっていない。

改めてコミ二ケーションの難しさと文化の感覚の違いを感じる。
でも決して異国の人だからだけではない。
同じ日本人でも誤解やコミ二ケーションのズレはたくさんある。
いかにその絡まった糸をほぐしながら、距離を縮められるかが問題なのだ。

私がこれからしなければならないことは、言葉の上達と強い意志を持って相手に伝えなければならないこと。

言葉が通じないだけで日に日に気弱になる自分がいた。
セクハラを受けても、言葉にできない自分がいた。
仕事に影響するのがいやでプライドより目先の仕事を優先してしまった。またアメリカにいる親友に迷惑がかかるとも思った。
フェミニズムを勉強し、今まで人に強くも意思を通してきたのに。
この私が、反論せず笑みで交すことしかできず、時間が経てばたつほど怒りと情けない気持ちでいっぱいになった。


周りの雰囲気、考えにおされ実際仕事にも影響したのは確か。
一番の目的のオリジナル開拓はまずまずの感触であったものの、仕入れに関しては思うようにいれることができなかった。

一人で行動するリスクと、守られるリスクの二つを知る。
二つのバランスが保つことができれば一番よいのだが、今回は初めてのバングラということもあり結局8日間一人で行動することはまったく持つことができなかった。
次回、どのうように自分が行動し準備すればよいかもよく分かった。
反省だらけのバングラデシュ。
新しい出会いとともに苦い記憶も残った。


|

« ファッションショー | トップページ | 二度目のチェンマイ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バングラデシュ最終日:

« ファッションショー | トップページ | 二度目のチェンマイ! »