« 初バングラデシュ! | トップページ | Arts&crafts »

2006/09/13

NGOショップ

ダッカでは有名なNGOによるお店に行った。

アーロン、クムディ二。ノクシカタやジュート、メンズ、レディース、キッズなどの衣類、シルクのサリー、玩具、小物、など。アーロンはチェーン店となっており、高級店として位置づけられていた。
お客様の層も高い。

店内の写真撮影ができず、外観のみ。クムニディは店内の撮影が一部許された。
ノクシカタの技術は高いが、アイテムの種類は限られておりクッションカバーやベットカバー、額入りのディスプレイ用のものが中心で、小物でも写真立てやボックスになっているものが多かった。
仕入れに関しては価格交渉はもちろん必要だが、そのままの商品で仕入れたい種類、デザイン、が少なかった。

やはり美しいこのノクシカタを使った日本向けのアレンジ、オリジナルのニーズを感じた。

写真
アーロンのショップ入り口
クムニディの店内

※アーロン Aaron
NGOのBRACが経営する手工芸品のデパート。マーケティングによる商品開発と品質管理が徹底している。
値段はバングラデシュの中では高めだが、実用品から、高級ノクシカタまで豊富に揃っている。10年前は外国人が多かったが、現在はバングラデシュの中、上流の人たちで混み合うほど。

※クムディ二
クムディニ福祉トラストが経営する手工芸品店で小物から、衣類、ベットカバーまで、素材や技法も様々にある。
ノクシカタは作り手によって持ち味が異なり、そのつたなさ、不器用さこそ、手仕事の良さだと好む人もいる。

                                                                                旅行人ウルトラガイド バングラデシュ 改訂版より

P1010009


P1010024

|

« 初バングラデシュ! | トップページ | Arts&crafts »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGOショップ:

« 初バングラデシュ! | トップページ | Arts&crafts »