« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/29

「ノクシカタ」デザイン集

バングラデシュから頼んでいたノクシカタのデザイン集がやっと届いた。
ApproachのロゴデザイナーKさん夫妻が8月にバングラに帰国。
作品の展示会を行っていた。忙しい中探してくださっていた。

かなり以前から、オリジナルの服を作るためノクシカタのデザインを探していた。
ノクシカタもいろいろなデザインがあるが、伝統的で意味のあるものがよい。
バングラデシュらしさと、でもセンスあるデザインを起用できたら、服がつくれたらと考えている。

今回のバングラの目的は、オリジナル開発が一番の目的。
はたしてどこまでできるのか、成功するのか、ものすご〜〜く不安。。


P1010065


P1010071


P1010074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

目標8割。

「上井草」での物件は、見送ることにした。
今までもリサーチの段階でいくつもの物件を見送り、眼のこやしにしてきたつもりだ。

今回リサーチの前に、内見をしながらお話しをさせてもらった。
順番が逆になってしまったのと、ミクシイのコミュでの空き店舗募集の発見だったので、
いつもと違う観察の仕方となった。
やはりお店そのものではなく「上井草」という土地、環境の問題が大きかった。

下町で駅から0分とはいえ周りにはコンビ二やパン屋さんくらいしかない。
駅を出て1分後には住宅街が広がる。
のどかな感じだった。下町といわれる川口とも全然違う。

一番に売り上げ予測がなかなか出せなかった。
家賃もやすいが、売り上げも目標や持続させるだけの数字がだせるか自信もない。

いつか、他の不動産のオーナーの言葉を思い出していた。
迷った時五分五分ならやめた方がいい。
100%納得することはない。
8割できるかも、と思ったらGOと。

今は、渋谷という土地で保証金を出すだけの資金が足りない。
海外に開拓にもでかける。
大口の資金調達のめどが遅れているので、物件探しも比例している。
時間がかかる。


2日前、地元の川口商店街の「アジアン雑貨」のお店が閉店になっていた。
原因は端から見ても正直伺うことが知れてしまうのだが、きっとそれだけでないだろうし、
ふたを開けてみたいと分からないことのほうが多いはず。

以前、そのオーナーのパートナーが「赤字でもとりあえず1年はやってみる」と。
1年頑張ったんだ。。
閉店作業の後片づけながら、オール100円のワゴンセールの光景が眼に焼き付いた。

確実に人ごとではない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

「アイディー・ショッピングモール」

Web Shopをオープンして1ヶ月以上経った。
正直、売り上げと呼べるほど売れていない。
http://homepage.mac.com/zakka_approach0001/

HPをどれだけたくさんの方に観て頂けるかのリサーチや開拓が追いついていない。
また皆さんの声を頂くためのアンケートも取りたい。

進行も遅く時間がかかるし、かかりっきりになれないのも歯がゆい。
しかし!
もともと予定していたWeb Shopなのだから妥協せずやりたい。
だってしたいこと、好きなことができるのは幸せなのだから、と思う。
小さな感謝を忘れてはいけないのだ。


昨日商品カテゴリーを増量アップ。
商品の値段を間違えて表示してしまい、今日また更新し直した。
ページが増量したので一回の更新が最初は15分くらいだったのに、今は1時間40分ほどかかる。

HPのソフト、IDサイト専用のリンクサイト「アイディー・ショッピングモール」に登録した。
http://www.digitalstage.jp/id/id-mall/category/c02.html#02
 ショップカテゴリー→【ハンドメイド】

これを見る方は、ほとんどがHPやShopを希望、またはやっている人用だと思う。
私も作りながら、かなり参考にした。

更新してトップの写真を変えたのにショッピングモールでは変わらないことが昨日判明。せっかくチェンジしたのになあ。

*左から
木彫りゾウのウインドウチャイム
ぬいぐるみ(多分ネコ)
さおり織りのゾウシャツ Lサイズ
さをり織りコサージュ(HPトップページ使用)

カメラマンはマイミクの木村周平さん。
後日、詳しくご紹介予定♪
Img_0573


Img_0200


Img_0627


Img_0285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/24

荷物が届かない!

バングラで落ち合う予定だったTさんとまた、アメリカに渡った親友Mさんとも私の仕入れの準備で連絡を取り合っているのだが、実はMさんのほうが大変なのだ。

もうすぐパートナーのRさんが出産を迎える。
予定日は9/6。
病院の付き添い、出産準備等で忙しい。

アメリカに移住して3ヶ月経つが問題がある。
船便で送ったのだが日本からの荷物が未だ持って届いていないというのだ。
日本の銀行の残高やクレジットカードの支払いについてもまだ手続きが残っており、彼のカードを私が預かることになった。
日本で年金も8年間払い続けていたので、脱退一時金を受け取る手続きをして数十万の一時金から、
クレジットのローンの支払いをするのだ。それに関する大事な資料を日本から送ったトランクに入れていて、まだ届かないと。

私は、Mさんが住んでいた区の市役所に行き申請書をもらいそれをMさんに送る。
クレジットの残高、また日本に住むMさんの友人のAさんにも会い、彼の通帳とカードを受け取る。
Aさんは私の友人でもあり、大学生。彼は他に日本で友人がいないという。
学費を払うため、今年の夏のバングラデシュでの帰国は断念した。

クレジットの分割払いを一括にし利子も少しでも減らす。
年金の脱退一時金を受け取るのに、日本でしなければならないことを私が引き受ける。
Mさんの生活がかかっているのだ。

また、10年住んでいて正社員で税金をきちんとおさめていても日本の永住権が取ることができなかったことが分かった。
彼は、「これが差別そのもの」と。

これでMさんが永住権の手続きで日本にまた来ることはなくなった。。
日本の弁護士と一緒に何度もたのんでいたのに、受け入れてもらうことはできなかった。
よい弁護士さんだったというが、どうしてMさんのような人が差別されるのかまったく分からない。
憤りを感じ、ショックだった。

アメリカでは、永住権は半年もあれば簡単にとれる。
保守的な日本。
遅れていいる日本。
そして差別する日本。

今、私はやれることをやるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

タイとバングラの準備その1

バングラデシュで落合、ナビや通訳を案内してくださる予定のインド在住のバングラデシュ人のTさん。
親友のMさんの紹介でとっても親身に準備を進めてくださっていたのだが、
昨日の夜、バングラにはいけないかもしれないと連絡があった。

Tさんの母が1年半前に腰の骨を折る重傷を追って、それが今でも完治せず、再手術をすることになったという。
病院に付き添うからという。
私の知っているバングラデシュの人は、はるかに日本以上に人とひとの絆が強い。
人のために惜しむ事なく動き尽くしてくれる人が多い。

そんな Tさんだから怪我をされた母の看病、付き添いは当然のこととなる。

行けないかもというのを聞いた時、とてもショックだった。
Tさんは一緒にいてくださることで安心しきっていたからだ。
特にオリジナルの開拓は、指示も細かくなるし話もより具体的になるため、通訳なしでは今の私の英語力では
まったく持って自信などない。
不安が大きくなった。

人にたよるからこういうことになるのだ。
なにかあった場合のことを考えることができていなかった。
親友のMさんからも連絡をもらい、彼はそのことを先に知っていた。
もしTさんがだめなら代わりの人を捜すからという話だった。
有り難い気持ちと、自分の甘さを痛感した。
最悪、一人でなんとかするしかない。

確実な返事は8/31にもらうことになった。
しかしほぼ無理に等しいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

駅から15秒!!

ミクシイのコミュで都内の店舗募集のお知らせを発見!
駅から0分。5坪で6.8万。敷金礼金なしの好条件。

問い合わせをし、リサーチをかね内見をさせて頂くことに。
9月から権利が発生してしまうので急いで探しているとのこと。
私は、9月のオープンはとてもできないがよい物件なら抑えておいても見つけたいと思っていたので出向いた。

駅は「上井草」。
今までとちがってリサーチの前に内見をさせて頂きお話を伺った。
内装、設備共に申し分ない。
エアコン、トイレ、ミニ流し、入り口は自動ドア、電話や一部の家具もついている。
すごいな。
前回も雑貨店を経営されていたとのことでエスニックの雰囲気が若干残っていた。
壁もナチュラルな白で、手を加えるのは看板くらいのようにも感じた。

内面的な条件がよすぎて気持ちが揺れる。
でも、残念ながら上井草の営業予測に大きな不安がある。
下町なら、最初に希望していた地元の川口のほうがずっと人が多いだけにどうしても比べてしまう。
今の希望は、渋谷。
渋谷と比べることもできない。

今週の日曜日までにお返事をさせて頂く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラフト作家さん

クラフト作家のたんぽぽさんの委託先、CUCIRINAというお店におじゃました。
たんぽぽさんから、以前Approachでの委託販売の希望を頂いていたので、商品を実際に拝見することになっていた。
前々から行くといっていたのにのびのびになってしまい、8月になってしまった。

他にも商品を拝見しなければならないのに行けていない方もいて申し訳ない。。
二子玉川にあるCUCIRINA。

全体的にかわいいのひとこと。ディスプレイもよく考えられ「かわいい」手作り雑貨がたくさんあった。
値札にもそうだが、作家さんの紹介されているめくりPOPが印象的だった。
以前、デザインフェスタで拝見した作家さんのカードもあり、皆工夫された雑貨ばかり。

私が見ていると3歳くらいの女の子を連れた親子が来店。
女性は「かわいい!」の連続だった。

たんぽぽさんの作品はアクセサリーが主流。
ひとつひとつ凝っていて彼女のセンスはとても好きだ。
実際にみるのとHPの御写真とでは印象が少し違ったが、丁寧に作られていて個性を感じる。
年を重ねるごとに自分になにが似合ってくるのか分かってくるけど、たんぽぽさんのアクセサリ−は挑戦してみたいと思うデザインだ。

二子玉川、実は初めて降りた街。
高島屋があり、購買層もセレブが多いと聞いた。
急ぎ足で見たため、他のお店は少ししか覗けなかったが裏通りなどの隠れた雑貨屋さんを探すのも楽しいかもと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ビザ

バングラデシュのビザを取りに目黒まで。
バングラデシュ大使館は住宅街の一角にあり、着いたときは間違えてきてしまったのかと思うほどこじんまりしていた。
2件並んだ、少し大きいハウスのうちの一件で受付をする。

申請書は書いてきたつもりだったが、いくつも記入漏れがありホテルの名前も書くように言われた。
だけど、ホテル決まってない。。
しかも知っているホテルがない。

慌ててバングラの友人に電話するがつながらず、受付の部屋にいた近くのバングラの人に知っているホテルはないかと聞いた。
日本語が話せる人で助かった。
タイでさんざん苦労したのに、進歩のない英語力。
英語はあまり使われていないと聞いていてタイ語の本を持って行き英語の本を持って行かなかったのが間違い。
使ったのはほとんど英語。
ダッカも英語を話せる人が多いという。同時に、英語教育の差も感じてしまう。。


申請書の写真も3枚必要で、裏に名前を書いてホチキスで止めるよう言われる。
私は写真を3枚裏にはってその用紙に名前を書いた。
受付の人は日本人だったが、とっても愛想のない恐い人だった。
違いますよ!と言われべりべりと写真をはがされる。

すんません。。
3枚の写真を重ね、受付の人が素早くホチキスでとめる。
写真の裏に!名前を書いてと。
もたもたした私。

なんとか申請して、引換券を受け取る。
発行は翌日の3〜4時の一時間の間。

タイはビザが必要ない。
インドは8年前で忘れた。
慣れないってエネルギー使うよな。
現地での不安も日が近づくとじわじわと感じる。

大使館を出る時さっきホテルを教えてくれたバングラの彼が手を振ってくれた。
「ありがとう〜!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

見つかった。。

なくしていたと思っていたパスポート、見つかった。

電子レンジの上にあった。
さんざん引き出しや、クローゼット、本棚を探した後、何気なく見たらあった。。

ビザの申請準備をするのに、提出書類一式をまとめておいていたのだ。
レンジの上は、ボードを乗せていてよく出かける前にものを置く癖があった。
準備してから時間が経っていて置いていたことをすっかり忘れていたのだ。
人の記憶ってたかがしれているな。

やっぱり私だよ。。
抜けているのは重々承知しているけど、何年経っても直らないのか。
そんな自分にため息つきつつ、見つかった喜びで胸をなでおろす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/12

パスポートがない!!

航空時のマイル。
今回始めて申し込む。
タイ航空で登録はネットから登録することができた。
登録画面をプリントアウトし、当日成田でチェックインときに登録番号を見せればよい。

今回シンガポール航空のルートもあるので一応こちらでもマイルの申し込みをしよう。
画面にてパスポート番号が必要になり、記入しようと探すがない。

パスポートがないのだ。。
いつもの引き出しに入れているはずなのだが。。
同じところ何度探しも見つからない。
引き出しをひっくり返す。
他の棚やクローゼットも見るが、ない。

ないないない!!!!!!!
どーしよ〜

1月に仕入れた商品を取りに大井出張所に置いてきたかな。
パスポートは来年の10月できれる。
まだ一年以上もあるので、再発行するには紛失届け+写真も必要。
パスポートは10年もので1.6万。

パスポ−ト発行に最低一週間。
その後ビザを取りにいき、旅行会社にも番号を届る。

私のことだ、どこかにあるはず。
落ち着いて探そう。
明日一日探して、それから決めよう。

ああ、私って。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/10

タイとバングラの準備その1

バングラはダッカ9/12〜19
タイはチェンマイ9/19〜26までの予定。

バングラではオリジナル開拓をメインに
知人からの紹介でArts & Crafts とクムニディ財団に訪問予定。
ノクシカタと呼ばれるバングラデシュの伝統的な手刺繍を使った商品の仕入れ、
その伝統技術を生かした衣類をメインに作るつもりだ。

以前NGOシャプラニールの手工芸品でアルバイトをしていた。
ここでの仕事もノクカタに魅せられたからと理由だった。
イベント販売もしたが普段は地道なピッキング、パッキングなどの地道な作業が多かった。
バングラから送られてくる商品に、髪の毛が入っていたり色が指定と明らかに違っていたり、素焼きなども割れていたり、バングラの雨期の時期中のものが湿ってにおいがついてしまったりと、いろいろ問題も見ることができた。
きれいに、無事に商品が100%届くことはないようだ。

タイでは日本のお取引がいるが、バングラにはいない。
現地は英語も通じないとも聞いている。
通訳の知人はいてくれるが商品の開発となると専門用語も規定や細かい指定も多くなるので
どれだけ伝わるか、また実践しうまく日本へ送ってもらえるか、不安材料はやまほどある。

Approachのロゴデザインをしてくださったデザイナーさんが今バングラに展示会のため帰国されている。
そこかから数ヶ月前にたのんでいたノクシカタのデザイン集を送ってくださっている。
そろそろ届いてもいいころ。
もう時間が少なくなってきたが、できるだけ現地のデザインを生かしたものを取り入れ案じたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/07

心の親友

アメリカに行ったバングラの親友Mさんと電話で話すことができた。
久しぶりの声を聞けて嬉しかった。

金銭面でとても大変とのこと。
親戚の紹介でしている仕事の賃金をごまかされ、少ない手当しかもらえなかったという。
親戚なのに、そんなことするなんて。
ちゃんと言ったほうがよいというと、トラブリたくないので次の仕事を探していると。

アメリカは車がないと動けない。
電車もバスも近くにないため必要不可欠なもの。

免許をとるのに問題があった。
日本と違って、先に筆記試験を受け合格したら自分で車を購入してその車で実技講習を受けるというのだ。
講習費用は、3.4万をとても安いが、車を自分で買わなくてはいけないのでその費用がないのだ。
車を買うためにお店を探すのも行くのも、結局車がないと動けないという。。

パートナーのRさんはもう9ヶ月だというのに体調が悪いらしく吐いてしまっているという。
バングラから日本、そしてアメリカへ。
環境が大きく変わってストレスも大きいのだろう。とても心配だ。

そんなMさんなのに私がバングラに行くためのサポートをしてくれようとしている。
現地でのホテルの手配。
Mさんの親戚がホテルを経営しているので紹介して頂くことに。とても有り難い。
自分の方が大変な時なのに私のために一生懸命サポートしてくれている。
家族以外で今までここまでしてくれる人がいただろうか。。


また現地ではMさんの親友のTさんを待ち合わせる。
PCがないため2.3日前に詳しい日程と今日までの訪問予定地、自分の写真などの手紙を送った。

様々な人の手をかり、私は仕事をさせてもらう。
お店のための、仕事をするための準備、投資だ。

心から感謝を忘れず、無事にやり抜きたい。

It was possible to speak by telephone with best friend M in
Bangladesh that had gone to the United States.
It was glad to hear a voice after a long time.

Very very on the money side.
The pay of work to do on the introduction of the relative is cheated, and it is
said that only a little allowance was able to be gotten.
The particular glossing over : though it is a relative.
When looking for the following work because your should would being better to say
neatly is not ..the Torabri and cooking...

The United States cannot move if there is no car.
Necessary, indispensable because of not being to be near train and to
bus one.

There was a problem to get the license.
The car is bought for myself and the practice course is received by the car when the written
examination is previously received unlike Japan and it passes.
The course cost doesn't include the cost as for 34,000 because it must buy the car for myself
though it is very cheap.
It is said that it is not possible to move if neither searching for the shop to buy the car nor
going also has the car after all. 。

It is said that the physical condition will have vomited badly seem for seven
another months partner's Mr. R.
From Bangladesh to Japan and the United States.
The environment might change greatly and the stress be also large. I'm worried sick.


You try must to support my going to Bangladesh though you are such Mr. M.
Hotel arrangements in the locale.
Because the relative of Mr. M is running a hotel to the introduction. It is
very welcome.
It supports hard for me though I am more serious and it exists.
Was there a person who did here excluding the family up to now?。


Moreover, it meets Mr. T of the best friend of Mr. M in the locale.
The letter in detailed schedule, visit schedule ground until today, and my photograph
etc. was sent 2.3 days ago because there was no PC.

I will borrow various people's hands, and work.
It prepares to work for the shop, and the investment.

Thanks want not to be forgotten sincerely, and to pull it out grinning safely.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/05

気分転換

地元で花火大会があった。
毎年楽しみにしている、戸田の花火大会。

今回は迷ったけど、バイトの後行く事にした。

行ったはいいけど、途中から眠くなりシートに横になったら気持ちよくて花火の音を聞きながらうたた寝してしまった。身体が疲れていて実は半分くらいしか見ていなかったけど気分はとてもよかった。
最後のフィナーレ時に起き上がって、急いで目に焼き付けた。
大きな、色のない花火色が一番好きだ。


心地よいひとときはあっと言う間だった。
時間が過ぎるのは早い。
そしてまた、現実に戻る。

There were fireworks in local.
Fireworks of Toda to which it looks forward every year.

It made it though it hesitated this time to taking after the byte.

It has taken a nap while hearing it the sound of fireworks because it is pleasant when becoming sleepy on the way and lying in the seat going yep ..doing... Feelings were very good though the body was tired and only the half had been seen to tell the truth.
It printed it out to eyes getting up at the last finale, and hurrying up.
I like the fireworks color that doesn't include a big color.


It was while it was called comfortable time.
It is early that time passes.
And, it actually returns again.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

撮影の委託

Web Shop用商品の撮影をしてもらうため、カメラマンのKさんとお会いした。
50点ほどの商品を持ち込み、お話させて頂く。

撮影は12日。
2.3日で撮影が終了するという。
次回取りに行く時に次の商品も預ける。
今ある商品については遅くても9月終わりに撮り終えたいと思う。

すぐ写真を載せられる用画面の作成もしておかなければ。
アイテムが少ないので 正直Shopというにはまだ厳しい。

バイクで待ち合わせしたのはよいが行きも帰りも道にまよってしまった。
地図は読めても方向が分からないなんて。
写真の質の向上+能率を上げるためにしているのだから時間がかかっては意味がない。
次回からもっと効率よく動こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »