« 起動修正 | トップページ | 「Shops」 »

2006/06/08

通信販売の試み

事業計画の中に卸、通信販売、イベント出店があり、これらは店舗を立ち上げた後の予定としていた。

平行してするには人手も時間も必要。いっぺんにはできないのでオープン後ゆっくりやっていくつもりだった。

しかし、タイで仕入れた商品がまだ店舗に出せずこのまま眠らせるのは品質的に心配があり、
物件を探しながらするべきことを増やした。
通信販売。
ネットショップはかなりの規模である。
誰でも気軽に始められる。クラフト作家さんの多くはネットショップを持っているだろう。
以前にある不動産から、ネットでやってみたら(店舗ではなくて)と言われたことがあった。

コストだけを考えればネットは魅力的だ。
店舗は経費が何十倍も高い、。移動もある。細かい作業も山のようにある。
でも、私はメインにはしない。
ネットには対面販売ができない、話せない。
直接商品を見て頂けない、触ってもらえない、試してもらえない、ぬくもりや質感も伝わらない。
そして現実的に一人生活するだけの経済力が付けられるとは思えない。

素敵なHPはたくさんある。
ネットで私も買い物もする。
すでに持っていたものが無くなり、店舗より明らかに安い、送料もかからない消耗品だけど。

オークションは誰もが気軽に出店できるものになってきている。
私も楽天へ登録だけはしているのだが、なかなか載せるまでいかなかった。
いろいろ考えてみたがやはり、可愛くない、のだ。
また手作りのものを、機械的に入札とか落とすとかオークションそのものも違和感を感じてしまう。

私にHPはID for WebLiFEというものを使っているが、最近ショップ用のソフトも発売された。
IDの魅力は既に納得済み。
私のような素人でも簡単に作れる。
オークションと同じような手間がかかるなら、IDの方がよい。
メリット、デメリットはそれぞれにあるけどIDでまずはスタート。

開始目標は6月末。
商品も全て撮り直す。
ホームを作るより写真撮影のほうが難しそうだ。

There were wholesale, a mail order, and an event branch shop in the business scheme, and
these scheduled after the store had been started up.

To do concurrently, people and time are necessary. After it had opened, I was going to do slowly at a time because it was not able to do.

However, the commodity's with which it stocks in Thailand making it still sleep it is
not possible to put out as it is in the store is in the quality worry, and has
increased what should be done while looking for the article.
Mail order.
The net shop is a considerable scale.
Everyone begins to be light-hearted. Many of craft writers might have the net shop.
It had been said that it would try from the real estate that was before with the net
(It is not a store).

The net is attractive if it thinks only about the cost.
The expenditure of the store is tens of times as high. There is a movement, too. There is
detailed work like the mountain, too.
However, I do not mainly make it.
The face-to-face selling cannot be not able to be done, and to speak to the net.
The commodity cannot be seen directly, it is not possible to feel, it is not possible to
test, and neither warmth nor feeling of quality are transmitted.
And, economic power only of the realistic life of one person doesn't seem to be put.

There is wonderful Mr. who dusts HP.
I also shop by the net.
What has already had it disappears, and it in an articles of consumption that is
obviously cheaper than the store to which it doesn't cost the carriage either.

The auction becomes the one that everyone can open readily a store.
Registration alone did not go to optimism in me until quite putting it though did.
It is not still lovely though thought variously.
The handmade one moreover is felt and I feel the sense of incompatibility as for the
auction as the tender is mechanically dropped.

Software for the shop was put on the market recently though HP used the one named ID
for WebLiFE for me.
The charm of ID has already consented.
Even the amateur like me can easily make it.
If it takes similar time to the auction, ID is better.
First of all, it starts with ID though the advantage and the disadvantage are in of
each.

The beginning target is the end of June.
All commodities are retaken.
Building the home seems is more difficult to take a picture.

|

« 起動修正 | トップページ | 「Shops」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通信販売の試み:

« 起動修正 | トップページ | 「Shops」 »