« SMAPの新曲 | トップページ | アフリカの商品 »

2006/05/05

国境を越えて

遅れに遅れているサンプル改善と希望を出す。
オリジナルをきちんと作るのって本当に大変だ。。とこの数ヶ月感じている。

タイの文化を取り入れたものにApproachのコンセプトとも融合させる、またデザイン、機能的にも質のよいもの。
イメージがあっても言葉では簡単だけど、やってみると難しい。

でも、うまく出来たときの喜び、販売できた時の感動を想像して進めるのだ。

イベントで委託した作家さんへの返品処理、卸の納品書の作成。
仕入れに行くにあたりMさんに紹介して頂いたインドにいるバングラデシュのTさんの住所が分かる。
しかし、PCもFAXもないので手紙を書く事に。
ちょっと能率悪いなあと思いつつ、とにかく進むしかない。

夜ミャンマーの友人Rさんと会う。
彼とは3年間に入院した時に病院で知り合った友人だ。
2年前に仕事先の都合で地方に移り、彼の家族が日本にくるということで今回東京きて会えることになった。

ミャンマーの雑貨はイメージがないが、食品など含めたお店が高田馬場にあるという。
ミャンマーのお正月もタイと同じ4月。
ほかラオス、カンボジア、マレーシアとも近い。
日本でいえば、中国、韓国といったところ。

Rさんは家族や親戚から、お金お金と請求され悩んでいる。
向こうから見れば確かにお金持ちに見えるし、実際頼ってしまう気持ちも自然なことだろう。
しかし愛している家族からのきりのない欲求が彼の心を傷つけていた。

8歳になる子どもに会えるのはとても嬉しいけど、今度は同じ給料で家族3人で暮していたかなければならない。
それがずっと何年も続く事ではないと彼は言っており、でもお金なんかどうでもいいと、心がいたいと言っていた。
明日、成田まで向かえに行く気持ちが複雑だと。

経済的にも環境的にも日本で暮せなくなりもうすぐアメリカに渡るバングラデシュのMさんと重なる。。

ミャンマーもいつか仕事で行ってみたい。
しかしまずは、タイのオリジナルを完成を目指す。

他にもやることはやまほどあるのだ。
ピッチをあげなくては。

Much-delayed sample improvement and hope are put out.
It is really serious to make the original neatly. 。It has felt it for
these several months solving.

It unites with the concept of Approach, it designs, and the good one of the quality functionally in the one that the culture of Thailand was taken.
It is difficult when easily trying in the word even if there is an image.

However, it advances it imagining the impression when it was possible to sell it
the pleasure when making it to good.

Returned goods processing to writer consigned in event and making of statement of delivery
of wholesale.
The address of Mr. T in Bangladesh in India introduced to Mr. M when going to stock is
understood.
However, because there are neither PC nor a fax to writing a letter.
Anyway, it can do nothing but advance trowing for a moment as efficiency bad.

It meets friend R in Myanmar at night.
He is a friend who got acquainted in the hospital when hospitalized in three years.
Tokyo will be able to meet this time in the place where it moves to the provinces by the
convenience work ahead two years ago, and his family comes to Japan.

It is said that the included shop such as food is in Takadanobaba though the
miscellaneous goods of Myanmar is not imaged.
Same April as Thailand at New Year of Myanmar.
It is near another Laos, Cambodia, and Malaysia.
...China and South Korea.. if you say in Japan.

Mr. R is claimed and is worried from the family and the relative as money money.
It certainly sees, and feelings actually rely on might be natural things in richness
if it sees from the other side.
However, the desire no family who loved damaged his mind.

This time it lived with the same salary in three families or, it is necessary to exist though it is very glad to be able to meet the child who becomes eight years old.
If he was not a thing that it continues for a long time for years how many, it said, and, however, he said that the mind was painful when money was trivial.
When feelings where it goes to be able to face Narita are complex tomorrow.

It is not possible to live in economically and the environment in Japan and it comes in
succession soon with Mr. M in Bangladesh over the United States. 。

Myanmar wants also to go on business some time.
However, it first aims at the original in Thailand and it aims at
completion.

Other and.
When you do not give the pitch.

|

« SMAPの新曲 | トップページ | アフリカの商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国境を越えて:

« SMAPの新曲 | トップページ | アフリカの商品 »