« イベント出店準備 | トップページ | 初めての卸/The first wholesale »

2006/04/10

山岳民族のアクセサリー/Accessories of hill tribe

渋谷へ物件探しとリサーチ。

時々通っていた109-2のエスニック雑貨店、マライカがなくなっていた。
フロア全体が大改造され、メンズ向けの他の階とは雰囲気が全然ちがうものになっていた。
古着屋さんもオープンしていたばっかりなのに。。

むげん堂が並ぶストリートの中でも新しくビルができるとのことで、長年やっていたエスニック雑貨店も閉店していた。
センター街はかなり回転が早い。

ある不動産の話だと109では昨年の夏の売り上げが過去最高をという話を聞いた。
若い女性だけではない顧客が増えてきているそうだ。
若いって何歳までだろうか!?


夕方、コミ二ティで知り合ったTさんとお会いした。
彼女は海外青年協力隊に入り、2年間タイのバンコクとチェンマイとの間にある山岳民族の村で手工芸品開発のプロジェクトに携わっていた。
今回任期を終え、東京により地方へ帰郷するという。
東京には数日滞在とのことで、数日前から連絡を問い合い今回会えることとなった。

山岳民族が作った、いわばタイのクラフト作家さんが作ったものをたくさん見せていただいた。
ヘンプを中心とした天然石を豊富に使ったネッくレス、ブレス、リング、ピアス、他織物、刺繍布、マットなど。

ある女性のアクセサリ−は種類がとても豊富で感性豊か。
彼女の写真があるかもしれないとのことで他情報を待つことに。

すべて一点ものでデザインもユニークで個性的なものが多い。
一つの作品にいくつもの材料を利用しているのがとても魅力的だ。

珊瑚やターコイズ、アメジスト、翡翠(ひすい)、オニキス、トルマリンなどなど。中には動物の爪を使っているものもある。

私は天然席には詳しくないが、江原さんの影響で石に秘められるパワーは信じている。天然石はこれからもっと学びたい分野の一つだ。

今回はこれをスポット的に委託という形で預からせてもらい、アースディのイベントで紹介しようと思う。
値段はT さんが決めて、経費は半分ずつ持つことになった。
イベントなので委託は助かる。
将来は本格的にバイヤーになりたいと言っているTさん。


コミ二ティでの出会いがまた広がる、繋がる。
とても有り難いこと。
嬉しい。
そしてまた大事にしたいと思う。

The article search it researches to Shibuya.

109-2 that sometimes went ethnical General Store and Maraica were lost.
The entire floor was greatly remodeled, and atmosphere was different at all from
other floors for the men's.
...introducing oneself.. only the opening. Mr. old clothes shop。

The building was newly completed on the street where the temple lined up, and ethnical General Store that was closed the store for years, too.
The rotation of a central street is considerably early.

When it was a story of a certain real estate, the story that sales of the
summer of last year said in the past that it was the highest was heard in 1
09.
I hear that the number of not only a young woman but also customers will
have increased.
Will it be up to ..youth.. how old??


In the evening, it met Mr. T who had gotten acquainted with two Comi Ti.
She entered the overseas young person cooperation corps, and was involved in the project of the handicraft goods development in the village of the hill tribe between two years of Bangkok and the Chiang Mai of Thailand.
It is said that it takes one's final bows this time, and it returns home to the provinces by Tokyo.
Meeting became possible asked the report for several days back each other and this time the stay for several days in Tokyo.

A lot of things that the craft writer in Thailand had made so to speak of making of the hill tribe were shown.
...Netsu.. ..turning over.. Res used, it breathes, the ring, Pierce, another cloth, and the embroidery ribbon and the mat, etc. abundant a natural stone that centers on Hemp

A certain woman's accessories?It is very abundant and the sensibility
is rich. ..peel.. Shu
To waiting for another information by her photograph's there might be.


There are a lot of design unique, unique one in all one point-one.
It is very attractive to use many materials for one work.

Coral, Tarcoiz, amethyst, jade (jade), and onyx and Tolmarin, etc.There is the one to use animal's fingernail in the inside, too.

The power kept secret in the stone by Mr./Ms. Ehara's influence is believed though I am not well informed about a natural seat. A natural stone is one of the fields that want to learn more in the future.

This will be kept in shape of consignment this time spotting, and I will introduce it in the
event of Arsdi.
Mr. T will decide the price, and it have expenditure half.
The consignment survives because it is an event.
It will be Mr. T who says that it wants to become a buyer in full scale when the future.

Meeting with two Comi Ti extends again, and it connects.
Very welcome thing
It is glad.
And, I want to value it again.

|

« イベント出店準備 | トップページ | 初めての卸/The first wholesale »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山岳民族のアクセサリー/Accessories of hill tribe:

« イベント出店準備 | トップページ | 初めての卸/The first wholesale »