« インド、バングラデシュへ/To India and Bangladesh | トップページ | SMAPの新曲 »

2006/04/27

「ショブジョ バングラ」/Shobjobangra

コミ二ティでバングラデシュにお詳しいMさんとお会いできることになった。

Mさんは,NGO-教育 職業支援をしている「 ショブジョ バングラ」の代表の方。
http://www.geocities.jp/shabjbangla/

浅草線「蔵前」駅にあるカレーショップ「アプニ館」で待ち合わせ、一緒に昼食を頂きながらお話を伺う。
バングラのカレーは羊の肉が入っていることが多いので抵抗があったが、こちらではおいしく頂けた。

現在のNGOの現状、体制の問題、生産者の様子や意識の違い、製品の作り方などについて。
また元祖となるノクシカタの布も見せて頂いた。男性のルンギなども繋ぎ合わせてコットンでとても肌触りのよいものだった。デザインが描かれている「ノクシカタ」はいわば製品となる。デザインによって意味もあり何度見てもやはりノクシカタに魅力を感じる。
カメラを持っていけばよかったと後悔。。

「 ショブジョ バングラ」のオリジナルとなるシルク素材の小物などやまた技術が高いという団体のシルク素材の手織りスカーフなども見せて頂く。糸がとても細く色のグラデーションがとても奇麗だった。

いろいろお話を伺いながらバングラデシュのNGO団体や、よい活動をしている団体などをご紹介していただいた。様々な情報を頂きとても感謝している。

ノクシカタとは→http://www.shaplaneer.org/crafts/noksikata.htm

また、Mさんを通じてナガ族についてご研究されているSさんとも出会いがあった。
ナガ族については、まだ情報不足なのでこのタイミングに少し驚き、また嬉しく思う。
*入門ナガランド「インド北東部と先住民を知るため」の著者でもある。
政治や歴史的な内容が多いとのことだが是非読んでみたいと思った。

その後、不動産から紹介して頂いた物件を見に渋谷へ。
場所はよい方だと思うが3階というのはやはりひっかかる。
そのならびにあったアロマ系スピリチュアルなお店を発見。

4坪ほどの小さなショップだったが、使われている家具、インテリアがとてもステキだった。
スタッフの柔らかい接客もお店の雰囲気と、よく合っていた。
角地でとても良い場所。3年目だという。

10種ほどのパワーストーンがあり、420円と安いのもあって思わず購入してしまった。
石を買うのは初めてだ。
「スモーキークォ−ツ」というもの。忍耐力、精神の安定、潜在能力の開発、思考の高い導主。
焦げ茶を深いグリーンが混じったような色。
いくつかある中で一番透明度の高いものを選んでみた。

109、エスニックショップにも寄る。
タグの付け方、オリジナル商品のものなど参考に。
いつもバイクで渋谷まで来てしまうが今日は電車。
混雑はストレスを呼ぶがやっぱり歩く方が身体にもよいなと思う。
わかってはいるのだけれど。。バイクが止められない。

It will be able to meet well informed Mr. M about Bangladesh with two Comi Ti.

Mr. M is a representative of "Shobjobangra" NGO-to support an educational
occupation.
http://www.geocities.jp/shabjbangla/

It meets by curry shop "Apni pavilion" at "Kuramae" station of the Asakusa line, and I hear the
talk while getting lunch together.
It was able to be delicious though there was resistance because the curry of Bangladesh often had
the mutton here.

About how to make etc. the difference between problem of the current state of present NGO and the system and producers' appearances and consideration and products.
Moreover, it showed it for the cloth of Nocshicata that became an originator. Man's Lunghi etc. also joined it, and it was cotton and the good very one of touch. So to speak, "Nocshicata" in which the design is drawn becomes a product. I still feel the charm in Nocshicata no matter how it sees by the design.
When it only had to take the camera, it regrets. 。

Small articles etc. of the silk material that becomes original of "Shobjobangra" and it shows it again for a hand-woven scarf etc. of the silk material of the group with a high technology. The string was very thin and the color gradation was very beautiful.

I introduced the group etc. that did a NGO group in Bangladesh and a good activity while variously hearing the talk. We wish to express our gratitude for getting various information.

Nocshicata is →http://www.shaplaneer.org/crafts/noksikata.htm.

Moreover, there were Mr. S researched about the Naga family through Mr. M and
meeting.
It is surprised at this timing a little because it is still a dearth of
information and I think the Naga family to be glad.
*It is an author of introductory Nagaland "India northeastern and native people
are gotten to know". I wanted to read by all means though there were a lot of
politicss and historical content.

Afterwards, an introductory article from the real estate to ..seeing..
Shibuya.
The third floor is still caught though it thinks the place to be good
one.
The shop of spiritual system aroma that exists in the row is
discovered.

Furniture and the interior used were very wonderful though it was a small shop of
about four tsubos.
The staff's soft serving was suitable for the atmosphere of the shop well, too.
Very good place in corner ground. It is said that it is year third.

There is a power stone of about ten kinds, are 420 yen and cheapness, too and it has
bought it instinctively.
It is the first time to buy the stone.
「Smorkeco?Ts」The one. Endurance, the mental stability, and the potentiality are
developed, and Mitibishu that the idea is high.
It is a color with which deep green mixes as for the scorching tea.
The one with the highest transparency was chosen while there were some.

It comes near to 109 and an ethnical shop.
For the reference like how to put up tag and the one etc. of original
goods.
It is a train today though always comes to Shibuya the motorcycle.
I think that walking after all shall not be better for the body of
congestion though the stress is aroused.
When understanding though it is. 。The motorcycle is not stopped.

|

« インド、バングラデシュへ/To India and Bangladesh | トップページ | SMAPの新曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ショブジョ バングラ」/Shobjobangra:

« インド、バングラデシュへ/To India and Bangladesh | トップページ | SMAPの新曲 »