« 仕入れた品のその後 | トップページ | つわり/Morning sickness »

2006/03/10

働く権利/Right to work

あるTV番組をみて、経済的に苦しいから子どもを保育園に預けて仕事に復帰したい、それをパートーナーの両親に反対され、なんとかその両親を説得したいとという女性の悩み相談のコーナーがあった
(パートナーは復帰することに渋々承諾しているとのこと)

何人かののコメンテェーターがこう言う。
「こんな女になにもいうことはない」
「親が見なくてどうするんだ」
「こどもがかわいそう」
「三つ子の魂百までもというから。。」

この時代に、TVのブラウン管を通じてこういうことを言ってしまう影響がどんなものかと考えるとまたやるせない気持ちになる。

子育ての仕方は人それぞれのやり方があるだろう。
しかしここで非常に残念だと思ったのは保育園に子どもを預けるというそのものが問題とされているのではなく、未だ持って子育ては女性がするもの、という概念があること。
そして働く権利が無視されていること。

家庭内において経済的に苦しいのであれば共働きをするという彼女の考えは自然なもの。

もし、仕事復帰したいという主夫がいても同じように批判するだろうか。。
男性に子どもがかわいそうだから働くなというだろうか。
逆に、主夫になった理由を聞かれたりするのではないだろうか。

また女性には、なぜ仕事を辞めてまで主婦なったかと聞く人がどれだけいるだろうか。


もう一つ、
彼女にはパートナーの両親が反対されてもそれがなんなんだと言うくらい、自分の人生として力強く生きてほしいと思う。


It wanted to entrust the child to the day nursery seeing a certain TV program because it was economically painful, to resume one's work, and it was opposed by its parents of Partornar, and there to be a corner of the consultation of Onna of worry to persuade parents of that ..managing... (The partner had reluctantly approved it to the return. )

Comentatar ..some.. ..drinking.. says so.
"It is not necessary to say to such a woman at all", "Parents do not
see and do very", and "The child is poor. ""Even triplet's soul 100
is . from. "

It becomes feelings inconsolably again if it thinks what one influence by meaning this through the cathode-ray tube of TV in this age.

The method of bringing up a child might have a way each person.
However, it must not be assumed as the problem the one of entrusting the child to the day nursery to have thought very regrettable here but must have the concept of what the woman does by bringing up a child still having it.
And, the right to work must be disregarded.

If it is economically painful domestically, her working in double harness idea is
the natural one.

Do you criticize similarly even if there is a househusband that it
wants to do the work return?。
Does not ..man.. child work because he or she is poor?
Oppositely, the reason that became a househusband might be asked.

Moreover, how much does the housewife have the person who asks whether for it
to have become it in the woman to the point of pulling the pin why?


Another
I think that it wants you to live powerfully as your life by saying that it is what even if partner's parents are opposed by her.

|

« 仕入れた品のその後 | トップページ | つわり/Morning sickness »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働く権利/Right to work:

« 仕入れた品のその後 | トップページ | つわり/Morning sickness »