« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/27

基盤作り/Basic making

初めての仕入れがタイだったが、今後はインドとバングラデシュにも行き直輸入をしたいと考えている。
クラフトの仕入れができるNGOを中心に、またオリジナルが作れる工場も見つけたい。

出来れば直輸入100%が理想だが、まずは全体の50%を目指す。
言葉の壁は相変わらずあるし、これからも言葉には苦労すると思う。

一人でどこまできるのか。
オープンしたらお店を閉めてまで仕入れに行けるのか。
そのためにもよい人材にも巡り会いたいし見つけなければ。。

今のうちに海外の繋がりを作り基盤を太くしていきたい。
近いうちバングラデシュの親友から、インドに住む知人を紹介してもらう予定だ。

最終的には人に頼らず、一人でいつでも行って、こなせるようにするようにしなければ。

I want to go to India and Bangladesh and to import it directly in the future though the first
stocking was Thailand.
The factory that can make the re-original in the center wants also to find NGO that can stock
with craft.

It aims at 50% of the whole first of all if possible though the
direct import 100% is an ideal.
The language barrier is as usual, and is thought by me that it will
have a hard time wording in the future.

Where do you cut it alone?
Can you go to stock to the point where the shop is closed when
opening?
Good for that talent also comes round, and want to meet and if you do
not find it. 。

It wants to make the connection of foreign countries and to make the base
fat before it is too late.
The acquaintance who lives in India is scheduled to be introduced from the
best friend in Bangladesh one of these days.

Finally, if it doesn't rely on the person, it always goes alone, and it doesn't
allow that it is made to digest.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

サンプルの仕上がり/Finish of sample

先ほどオリジナルサンプルが届く!
約2ヶ月。。。待ちに待ったオリジナルサンプル品。
仕上がりが気になるところ。
ドキドキしながら箱を開ける。

今回は4点の制作。

うち一点、ヘンプリュックがオーダーした際のオーダーシートの図面と違う。。
色もきちんと書いていたのに。。
チャックも指定の位置で書いたのに。。

この商品が一番期待していただけに、かなり残念。。
実際に会って話して図面をお渡ししても、こういうことがおこってしまうんだなあと思うしかない。
作ったのはタイ人。
通訳してくださったのは日本人。
オーダーしたのは私。

どこで間違ったのだろーか。。

他3点はまずまずの仕上がりだけど、気になる点も。
今後の改善が必要。

2ヶ月の月日があっけない結果となった。
まだまだオリジナル製品もスタートライン。
前を見ていかなければ!
どんどんつくっていきたい。

ゼロから生まれる Approach雑貨。
目指すは100%!

An original ahead sample reaches.
About two months. 。。Looking forward and original sample goods.
Place where finish is anxious.
It opens a box while throbbing.

Production of four points this time.

One point and Hemprucc are different from the drawing of the order seat
of order. 。
The color were being neatly written. 。
The zipper were written at a specified position. 。

Because this commodity expected it most, it is considerably regrettable. 。
Even if it actually meets, it speaks, and the drawing is passed, it can do nothing but be
thought that this is absorbed.
It is Thai that made.
It is Japanese that interpreted.
Order is me.

Is where does it make a mistake and?。

The anxious point also : another three points so-so finishing.
It is necessary to improve it in the future.

Time of two months became a disappointing result.
An original product is still a starting line.
If you do not see ahead.
I want to make it fast.

Approach miscellaneous goods that appears from 0.
Aimed ..peel.. 100%.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

オリジナルサンプル/Original sample

1月23日にタイにてオリジナルサンプルを注文して、それがやっと出来上がろうとしている。
ほぼ2ヶ月、ずっと待っていた。
当初は1週間の予定だったのだが。。。
お取り引きの日本人の方が間にいても、制作にあたり様々な問題、内容の確認不足、誤解なども生まれる。
コミ二ケーションの難しさをつくづく感じる。

サンプル注文したものは、

*ヘンプリュック
*手持ちバック2種
*巻きパンツ

の4点。

現在最終調整の確認と、発送、到着日の確認をしている。
不安と期待が混ざる。

また、現在バングラデシュとインドでの直輸入の仕入れも検討中。
英語が話せないので、よいコネを作り現地に出向きたいと考えている。
英語には今後も苦労が続く。
この仕事をしようと思ったら英語は不可欠。

自分のへの課題はまだまだたくさんある。

It starts ordering an original sample in Thailand on January 23, and it being finally completed.
It had waited for almost two months.
At first, though it was a schedule of one week. 。。
Confirmation shortage and the misunderstanding, etc. of various problems and content arise, too,
when producing even in case of being among had Japanese.
I keenly feel the difficulty of two Comi Cation.

The one that the sample was ordered

*Hemprucc
*Two kinds of backing reserves
*Rolling pants

4 ..drinking.. points.

Sending out and the arrival day are being confirmed the confirmation
of the final adjustment now.
Uneasiness and the expectation mix.

Moreover, stocking with the direct import in Bangladesh and India is
being examined now.
English cannot be spoken, and I want to come to the making ..good
Cone.. the locale proceed.
The hardship will continue to English in the future.
When this work will be done, English is indispensable.

There are still a lot of problems to ours.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/17

物件探し/Article search

渋谷の不動産に通う日々が続く。

どの不動産でも希望にあうものがなかなか見つからない。
希望条件のものは、連日いつの時でも大手企業がチェックし、押さえているという。
自分の希望は1階で5坪前後もの。
1階は見つからないに等しいと言われている。

ある不動産でのアドバイス。
遠くて1階と、2階でも駅が近かったり看板がきちんと出す事ができて、窓からの宣伝効果も得られる場合は
必ずしも1階にこだわる事はないのだと。
私の場合、お子さま連れやハンディを持ったお客さまを考慮しての1階へのこだわりがある。
よく参考にさせて頂き、視野を広く持ちながら希望も持ち続けよう。

また、物件以外でもHPのドメイン取得、ネット販売についてのお話もして頂いた。
ただ、物件を紹介するだけではない対応に誠実な気持ちが感じられた。

焦らず決めたい、でも時間もどんどん過ぎてゆく。
アンテナを揺るぎなく使わなくては。。

Every day that commutes to the real estate of Shibuya continues.

The one that any real estate encounters hope is not found easily.
It is said that the major company checks at time when every day, and the one
of the terms desired is suppressed.
My hope is ..about five-tsubo the floor.. one.
It is said that the first floor is equal to not finding.

Advice with a certain real estate.
Be far and if there is not necessarily sticking to the first floor when the station is near even
by the first floor and the second floor or the signboard can be neatly put out, and advertising
effects from the window are obtained.
There is sticking to to the first floor in consideration of the customer who has the child taking
and handicap for me.
It keeps making it often refer, and it having hope with view widely.

Moreover, the talk of the domain acquisition and the net sales of HP was
told excluding the article.
However, sincere feelings were felt in correspondence only that did not
introduce the article by me.

It is not in a hurry, wants to decide, and to pass fast however also
time.
When you do not use the antenna unshakable. 。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/16

アースディへの出店希望

4/22.23に行われる「アースディ2006春」の出店希望を出している。
場所は原宿から徒歩10分くらいの代々木公園。
http://www.earthday-tokyo.org/2006/event/index.php?c=2

しかし、申し込みをするのが遅れてしまったのと毎年多数の応募があるようで今回はクオリティの高いと判断した内容で選ばれるとのこと。
私が応募した枠(アースガーデン春)はクラフト作家さんが中心の出店になるため、同じ手作りでもアジアのものなどは本来の枠とは違うものであり、駄目ではないがライン引きが難しいと言われている。
ちょっと曖昧な説明に戸惑うが待つしかない。
結果は3月末。

駄目な場合も考え、次のイベント出店のためにも準備計画を詰めていかねば。
イベント出店は店舗シュミレーションにもなるので勉強になるのだ。
お客様と直接会い、商品への反応や感触がダイレクトに分かるし、宣伝もできる。

看板作らなくっちゃ。
値付けのタグはどうしよう。
商品がまだまだ足りない。

やることがまた増える。でも頑張るぞ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/15

つわり/Morning sickness

バングラデシュの友人に赤ちゃんができた。
今4ヶ月目に入ったが、つわりがとてもひどいという。
つわりは個人差もあって、症状もさまざま。

彼女は8月に母国で結婚をし、10月に日本にきたばかり。
もちろん日本語も分からず、英語は話せても、私たち日本人で話せる人の方がはるかに少ないため不便な生活を送っている。

彼は、日本での生活が10年ほどになるので彼女のサポートに徹してる。
それでも多くの情報を求めている。
妊婦さん用の牛乳があるようで、どこで手に入るのかも分からない。
食欲もなく宗教の関係で力となるお肉にも制限がり、彼女の身体がとても心配だ。

言葉の問題がなくても外国人が日本で暮すことは、容易ではないのに、彼女はとても忍耐強い人。
しかしながら、子どものことも考えて約3ヶ月後にはアメリカへ移住するという。
身体も精神的にも不安定なままでまた、環境が変わることはとても心配だけれど、言葉が通じればかなりのストレスは抑えられるだろう。

アメリカは、ビザや永住権も日本よりずっと取りやすい。
本当は日本にいたいけれど、今の二人にはそうするしかないという。

離れてしまうのはすごく寂しい。
しかし最後くらいなんとか力になりたい。
日本にいられる日はあと少し。。

The baby can have done the friend in Bangladesh.
It is said that the morning sickness is very awful though 4th month
of now came.
As for the morning sickness, there is an individual variation, too
and the symptom is various.

Marrying of the home country in August, and having come to Japan in October : her.
English doesn't understand Japanese, and, of course, because we Japanese who can speak are far fewer even if it is possible to speak, spend inconvenient life.

Because he becomes it life in Japan in about ten years, it devotes to her
support.
Still, a lot of information is requested.
There is milk for the pregnant woman, and it doesn't understand where to
obtain.
There is not an appetite either, and it is a limitation also to the meat
that becomes power because of the religion, and it worries about her body
very much.

She is a very patient person though it is not easy for the foreigner to live in Japan even if there is no problem of the word.
However, it is said that the child also thinks and it migrates to the United States in about three months.
As for the re-change of the environment like mentally the body unstable, too, if the word runs, a considerable stress will be worrying very suppressed.

It is easy for the United States to take the visa and the permanent
resident status from Japan for a long time.
Two people are said in Japan though it is painful in reality can do
nothing but do so.

Parting is terrible and lonely.
However, I manage to want to help at the end.
The day at the time of which can being in Japan is least. 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/10

働く権利/Right to work

あるTV番組をみて、経済的に苦しいから子どもを保育園に預けて仕事に復帰したい、それをパートーナーの両親に反対され、なんとかその両親を説得したいとという女性の悩み相談のコーナーがあった
(パートナーは復帰することに渋々承諾しているとのこと)

何人かののコメンテェーターがこう言う。
「こんな女になにもいうことはない」
「親が見なくてどうするんだ」
「こどもがかわいそう」
「三つ子の魂百までもというから。。」

この時代に、TVのブラウン管を通じてこういうことを言ってしまう影響がどんなものかと考えるとまたやるせない気持ちになる。

子育ての仕方は人それぞれのやり方があるだろう。
しかしここで非常に残念だと思ったのは保育園に子どもを預けるというそのものが問題とされているのではなく、未だ持って子育ては女性がするもの、という概念があること。
そして働く権利が無視されていること。

家庭内において経済的に苦しいのであれば共働きをするという彼女の考えは自然なもの。

もし、仕事復帰したいという主夫がいても同じように批判するだろうか。。
男性に子どもがかわいそうだから働くなというだろうか。
逆に、主夫になった理由を聞かれたりするのではないだろうか。

また女性には、なぜ仕事を辞めてまで主婦なったかと聞く人がどれだけいるだろうか。


もう一つ、
彼女にはパートナーの両親が反対されてもそれがなんなんだと言うくらい、自分の人生として力強く生きてほしいと思う。


It wanted to entrust the child to the day nursery seeing a certain TV program because it was economically painful, to resume one's work, and it was opposed by its parents of Partornar, and there to be a corner of the consultation of Onna of worry to persuade parents of that ..managing... (The partner had reluctantly approved it to the return. )

Comentatar ..some.. ..drinking.. says so.
"It is not necessary to say to such a woman at all", "Parents do not
see and do very", and "The child is poor. ""Even triplet's soul 100
is . from. "

It becomes feelings inconsolably again if it thinks what one influence by meaning this through the cathode-ray tube of TV in this age.

The method of bringing up a child might have a way each person.
However, it must not be assumed as the problem the one of entrusting the child to the day nursery to have thought very regrettable here but must have the concept of what the woman does by bringing up a child still having it.
And, the right to work must be disregarded.

If it is economically painful domestically, her working in double harness idea is
the natural one.

Do you criticize similarly even if there is a househusband that it
wants to do the work return?。
Does not ..man.. child work because he or she is poor?
Oppositely, the reason that became a househusband might be asked.

Moreover, how much does the housewife have the person who asks whether for it
to have become it in the woman to the point of pulling the pin why?


Another
I think that it wants you to live powerfully as your life by saying that it is what even if partner's parents are opposed by her.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

仕入れた品のその後

段ボール5箱分の商品は自宅からバイクで20分ほどの場所に倉庫代わりに置いている。

あれから、数回通い、インボイスと照らし合わせ検品し、商品管理と、次回オーダーの時に分からなくならないようにするため、だいたいの商品の写真を撮る。

品物を見ているとだんだん愛着が沸くな。。写真を取りながらそう思う。
それにしても写真は難しい。
アクセサリーが室内だとうまく撮れず、自分用の写真でもよく見えない。。
これは外で撮ろう。
あと商品に虫がつかないよう、これからの季節湿気がこもらないよう最善の管理をしなければならない。

検品時に驚いたのは、梱包の仕方だ、さすがタイ。
布もの手織りバックや、帽子、スカーフなどがクッション代わりされしわくちゃになっている。
船便で送ったので長い時間お押されていた商品たち。かわいそうに。。
これ全部アイロン掛けをする。
スチームで掛けると布がふっくらしてきた、よかったよかった。

タイで使われていた梱包材料は新聞紙と厚紙だけ。
プチプチってタイにはないのかな。。

頼みます〜タイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »