« arrives at Chiang Mai!(タイ初日) | トップページ | オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) »

2006/01/15

サンディマーケット/Market of Sunday(3日目)

買い置きのパンと果物でホテルで朝食を済ます。
タイの果物は甘くておいしい。
果物が生きているって感じがする。
子どものころに食べた果物の味覚と少しだけ似てる感じがした。

まだ午前中だというのに日差しが強い。
道路が補正されておらずでこぼこだらけの道。
交通規則もかなりのアバウトさには驚く。
バイクに乗る人も半分以上の人がメットをかぶらず、しかも3人乗りのあたり前。
信号もあってないようなもの。青だからわたろうとしてもクラクションを鳴らされ歩道を通り過ぎてゆく。日本では考えられない。

昨日やっとみつけたレンタル自転車にのり、布市場を一軒ー軒見て回る。
布市場卸の店が多くバンコクからの買い付けもくるとのこと。
価格の相場とデザインをチェックしてゆく。
インドのように押し売りや、積極的な接客をしないので安心して見ることが出来る。
巻きスカート、ベビー服をそれぞれ数枚購入。
商品の選び、値段の交渉、英語のやり取りに時間がかかりスタッフも半ばあきれ顔。
今回の仕入れは妥協せず欲しいものだけを買うつもりだ。
失敗もあるかもしれない、でも自分の直感を信じよう。

歩くうちに地下の食品モールにたどり着く。
タイフードの独特なにおいは苦手だ。
果物はみな新鮮でおいしそう。味見をさせてもらうがよくわからないものもあった。
一口サイズのパイナップル10B(30円)を購入し食べ歩きをする。

すでに夕方。
ホテルに戻るとスタッフの方が今日はサンディマーケットがあるわよ、と教えてくれる。
日曜日の16時〜深夜1時までターペー門の反対側、Ratchadamnern RDで大規模なフリーマーケットが行われる。
ひと人、人。
すごいゴッタ返して歩くのもスローペース。
業者、一般の人取りまぜで様々なものを売っている。
アクセサリー、木彫り、カード、衣類、バック、絵、屋台、CD、通りは学生たちが仮装してデモ行進をしている。音楽も流れ、活気がある。
ストリート沿いのHONDAのバイクショップではバイクの新車発表のイベントが盛大的に行われている。
一件一件見ていたらあっという間に2時間も経ってしまい21時を回ってしまった。
半分も見れずに時間がなくなってしまった。
でも、やっぱり吟見していきたい。


まだまだ見たかったが明日はTさんとオリジナル製品の打ち合わせ。
夕食を済ませホテルにもどる。

一日中歩き足はパンパンだが心地よい疲れだった。

Breakfast is finished with bread and the fruit of the hoard at the
hotel.
The fruit of Thailand is sweet and delicious.
The fruit does and the ..alive.. nature does.
I thought that it looked like only the taste and a little of the
fruit that had been eaten when it was a child.

Sunlight is strong.
The road is not corrected and the road covered with ragged.
Considerable about is surprised at a traffic rule.
The bikeing person also doesn't put on Met by the person more than the half and : in front of around of getting on of three people.
The one without signal either. The horn is sounded even if starting extending because it is blue and it passes in the pavement. It is not thought in Japan.

It turns to the rental bicycle found finally in yesterday ..the paste and one
cloth market.. ..Kemmi...
I hear that the shop of the cloth market wholesale came purchase from Bangkok
a lot.
The market price and the design of the price are checked.
Because neither a high-pressure selling nor a positive serving are done like
India, it is possible to see at ease.
The wrap-around skirt and the babies's wear are bought respectively. several
pieces
It takes time to exchange the negotiation on the choice and the price of the
commodity and English and the staff is a partly amazed look.
This stocking will buy only the one that it wants you not to compromise.
Let's might be also the failure, and, however, believe my intuition.

It reaches the food lace in the underground at last while walking.
In a peculiar smell of Thai food, it is not good.
All fruits are fresh and savory. It was going to taste and there was the one
that did not understand well either.
It buys, it eats unit size pineapple 10B(30 yen), and it walks.

Evening already.
The staff teaches today that there is a sundae market when returning to the hotel.
16 o'clock of Sunday?A large-scale free market is done with the other side and Ratchadamnern RD at the Tarpa gate until one o'clock of midnight.
One person and person.
The return and the terrible Gotta walking are a slow paces.
Various the one is sold for a person mix ..trader.. general.
Accessories, the wood carving, the card, clothes, backing, the picture, the stall, CD, and the street disguise by students and do the demonstration parade. Music flows, too and it is lively.
The event of the new car announcement of the motorcycle is grandly held in the motorcycle shop of HONDA along the street.
It turned by 21 o'clock in as many as two hours when one per one was seen.
The half is lost of time it is not possible to see.
However, I want to do Gimmi after all.


It will be my meeting of Mr. T and an original product tomorrow
though wanted to be seen still by me.
It returns to the finish hotel in supper.

It was tiredness comfortable though the walking foot was a harlot all day long.


|

« arrives at Chiang Mai!(タイ初日) | トップページ | オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンディマーケット/Market of Sunday(3日目):

« arrives at Chiang Mai!(タイ初日) | トップページ | オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) »