« 買い付け同行日(6日目) | トップページ | 荷物の発送、オリジナル商品のサンプル(11日目) »

2006/01/19

知的障害者施設を訪問/Facilities of person of handicap(7日目)

知的障害者施設への訪問


9時半にHさんとロビーで待ち合わせ。
Hさんの繋がりのあるホテルから徒歩20分くらいの所にある知的障害者施設に訪問させていただくことになった。

施設名は「The Healing Family Foundation」(写真あり)
到着すると利用者やスタッフが笑顔で出迎えてくれた。
「サワッディカー」(こんにちわ!)手の平を合わせる。

部屋の奥に案内され、Hさんとの交流のある方と挨拶を交わす。
私は初めてなので、施設のこと、利用者さんのこと、今企画している新しいサンプル品なども見せて頂きながらお話を伺う。
ここでは「さをり」織りを利用者たちが訓練と楽しみを兼ねて作業を進めている。
そして作品から商品へと変わっていく。

その商品は主にタイ国内での販売を中心に紹介している。
商品は、Tシャツ、ポロシャツ、ココナツボタンやイラストを取り混ぜたポストカード、そして「さをり」をそのまま生かしたロングショール(写真あり)などがある。

デザイン製の高いものもあり、豊かな色彩が魅力的だ。
お話を伺った後は、実際に展示兼販売のコーナーで完成した商品を見せてもらう。
今回は訪問だけの予定だったが、象のかわいいデザインを見たらほしくなった。
担当のJさんと条件などを確認する。
Hさんに訳して頂きながら理解する。

日本での施設は、商品に対しての卸値がないものが多い。
ここでも、卸値といえる値段での交渉は限界があったが、象のかわいさと新しい出会いに縁を感じて購入することにした。

Tシャツを3デザイン各20枚、合計60枚をオーダーする。
帰国日になんとか間に合わせてくださるとのことで、ぎりぎりの25日の17時に引き取りにくることにした。
シャツのお金を半額前払いし、少し利用者さん達とスタッフのJさん、室内でも写真をいくつか撮らせて頂く(写真あり)

一通り、タイ語の通訳をHさんがしてくださり、本当に助かった。
タイ語と英語と中国語が話せるスタッフのJさんもすごい!

その後、施設で待ち合わせていたHさんのまたまた繋がりのある、「大地を守る会」(リンクアップ)のタイ人のDさんと一緒に3人で昼食を共にすることになった。
Dさんは今タイに帰国して日本人向けのタイ観光のガイドもこなしている。
日本語も話せる、仕事のできる方だ。

河のほとりの大きな屋外レストラン、そよ風が吹いての心地よいランチ。。
テーブルからの眺めも、とてもよい。
座るとなんだかどっと疲れが出てきた。
少し寝不足のせいもあるが、日本じゃこんなに動いていなかったな。。とつくづく自分の体力のなさを痛感する。

外で見ているせいか、お皿の汚れが気になった。
「タイの人でも皆拭いてから使うのよ」とHさんがあたり前のように教えてくれる。
えーそうなの!?
日本だったら苦情を申し上げるところだが、タイだから、と思うことにした。
結局布フキンでは汚れは取れなかったのだが、料理はとても美味しかった。

Dさんのお話も御聞きし、今日はまた新しい出会いの日となった。
すごいな、どんどん繋がってゆく。


It meets in Mr. H and the lobby at 9:30.
I will visit the mentally deficient peperson facilities in the place like 20 minutes on foot from the hotel with the connection of Mr. H.

When "The Healing Family Foundation" (There was a photograph) arrived,
the user and the staff met the facilities name with a smile.
"Sawaddicar" (Hello) palm is matched.

It is guided to the interior of the room, and the exchange with Mr. H is exchanged with the greeting.
I hear the talk while showing it for facilities, the user, and new sample goods, etc. planned now because I am the first time.
"" weaving is proceeded here, and users combine training and the enjoyment and work is proceeded.
And, it changes from the work to the commodity.

The commodity chiefly introduces mainly sales in Thailand.
The commodity has a long shawl (There is a photograph) that makes the best use of note card that mixes T-shirt, the polo shirt, the coconut button, and the illustration, user's introduction card, and "" as it is.

There is the one that it is high made of the design, too and a rich color
is attractive.
After the story is heard, the commodity actually completed in the corner of
the exhibition and sales is shown.
It came to want it when a lovely design of the elephant was seen this time
though it was a schedule only of the visit.
Mr. J of charge and the condition, etc. are confirmed.
Mr. H understands while translating.

There are a lot of one of facilities in Japan without the wholesale price to the commodity.
The negotiation by the price that was able to be called a wholesale price decided even here to be bought feeling the edge in elephant's loveliness and a new meeting though was the limit.
They are three design 20 pieces of T-shirt for each, and order as for 60 pieces in total.
It decided to come for the receipt by managing the make do with on the homecoming day at 17 very limit o'clock the 25th.
Money of the shirt is prepaid in half the price, and users and staff' a little Mr. J and rooms take some photographs. (There is a photograph. )

Mr. H did a Thai interpreter, and it survived really in general.
Mr. J of the staff who can speak Thai, English, and Chinese is
terrible.
Ah I :. 。

Afterwards, again it is, and will do both lunches of the connection of Mr. H who met in facilities by three people with Thai of "Meeting that defends the earth" Mr. D.
Mr. D returns home to Thailand now and the guide of the Thailand sightseeing for the Japanese is handled.
Japanese can be spoken it is possible to work.

It has suddenly felt fatigued somehow when sitting.
Move so much in Japan though it was a little because of lack of sleep. 。It feels that it is of my physical strength quite strongly.

Comfortable lunch where big outdoor restaurant and breeze near river blow. 。
The view from the table is also very good.
The dirt of the plate was anxious because it saw outside.
Mr. H teaches in front of around , saying that "After everyone wipes it,
even the person in Thailand uses it".
Food so. ?
Because it was Thailand, I decided to think though I complained when it was
Japan.
The dish was very delicious though dirt was not able to be taken after all
with cloth Fkin.

The story of Mr. D was heard, and it became the day of a new meeting
also today.
It connects fast be not terrible.

|

« 買い付け同行日(6日目) | トップページ | 荷物の発送、オリジナル商品のサンプル(11日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知的障害者施設を訪問/Facilities of person of handicap(7日目):

« 買い付け同行日(6日目) | トップページ | 荷物の発送、オリジナル商品のサンプル(11日目) »