« オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) | トップページ | 買い付け同行日(6日目) »

2006/01/17

繋がり(5日目)

朝身支度をしていると部屋の電話が鳴った。
インターネットのコミ二ティで連絡を撮っていたHさんからだった。
「今ホテルにつきました、これから会えますか」
会えたらいいね、と話していたが本当に会えるか分からなかったのでびっくり。
すごい!!

1時間後ロビーで待ち合わせ。挨拶を交わす。
Hさんは福島にすでにお店を持たれ今回は仕入れにチェンマイにも来られた。
タイに長く住んでいたご経験もあり是非お会いできたらいいなと思っていた。
近くのカフェでお茶をする。
今後の予定、荷物の発送などいろいろ情報交換する。
明日の夕食を一緒にとのことで19時に約束する。

この後、私のお取り引きのTさんのパートーナーのCさんがされているショールームにご参考になるかと思いご案内することに。
衣類、牛革バック、ショール、布など取り扱う。
私は、買い付けに行かなくてはいけないので先にショールームを後にさせていただいた。


昨日Tさんが紹介してくれた市場内のウッドビースやボタンのショップを回る。
ビーズは小さくてたくさんチェックをしながら選んでいたのでえらい時間がかかってしまった。グラムでプライスが決まるのだが表示価格が口頭で聞いているのと違い、スタッフの女の子としばしジェスチャーと英語で確認。
こういうのでいつも時間がかかるのだ。
結局表示価格が間違っていた。

3件ほどしか回っていないのに15時を回ってしまった。
途中探していたヘンプのつば広い帽子を見つけ1つ買う。
持っていった帽子ではつばが短くこの炎天下には負けていたのだ。

私は商品を選ぶのがいつも遅い。自分のものでもだ。
ここでは帽子のサイズがどれも大きくて試しながら選ぶ。
会計をしようとするとスタッフが最初に聞いた値段より高い値段で言ってきた。
でも顔は半笑い。
「さっきとちがうでしょ〜??それはないよ〜」と私も笑いながら突っ込む。
やっぱりだめか。。というような、はにかんだ顔をして清算をしてくれた。

その後、市場を抜け地元向けの商店街や地下ショップ街にも入る。
路上では歩道にも出店で埋め尽くされ歩くスペースが一人分しかない。
タイではワコールの下着が安いとのことだがここでも下着の出店は多かった。
少し目移りしたがでも路上で下着を買う勇気がちょっとない。。

持ってこれなかった目覚ましと時計も買わなくては。
タイの時計は簡単なつくりのものでも高い。
一番安くて158B(約480円)
日本の100円ショップのすごさに改めて気づく。
すごいけど生産者はそれで食べていけるのだろーか??
中国生産の裏を見てみたい。

今日の主な仕入れはウッドビーズ、ボタン、衣類で終わる。
時間がなくまだまだ品が足りない。
明日はいよいよ買い付け同行の日。
車でないと行けないところ&通訳&オリジナルの材料の布地確認など時間が密な予定。

人との繋がり、新しい出会い、異国人との会話(とてもままならないけど)、
タイに来て毎日がとても充実している。
感謝。


|

« オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) | トップページ | 買い付け同行日(6日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繋がり(5日目):

« オリジナル制作の打ち合わせ(4日目) | トップページ | 買い付け同行日(6日目) »