« 知的障害者施設を訪問/Facilities of person of handicap(7日目) | トップページ | 仕入れ最終日Day of purchase of the end (13日目) »

2006/01/23

荷物の発送、オリジナル商品のサンプル(11日目)

今日は仕入れた大まかな荷物を船便で発送する。

仕入れた荷物を発送するために手配をTさんがしてくださる。
本当に最初から最後までお世話になりっぱなしだ。
13時の予定で荷物を引き取り、船便で送る。
飛行機のほうが早くて手間がかからないのだが、今回はあえてショップのオープン前ということと勉強のためにこの方法を選んだ。

午前中は急いでインボイスを作成。
インボイスとは、商品の内訳リスト。
これを書くのも初めて、しかも全部英語で書くのと書き方の注意もあるのでTさんにあらかじめ聞いていて今日、その確認をしていただく。
数が多く、リスト作成に時間がかかる。
そのうちに荷物会社が来てしまった。

荷物会社のスタッフ2人が部屋から荷物を運び出す。
なんだか見ているだけでは悪いのの自分もやる。
ホテルのクリーンスタッフの一人も率先して手伝ってくれた。
素早い行動とその気持ちが嬉しい。

Tさんが言う。
「彼らの仕事を奪うことになるから手伝わなくていいんだよ」
その言葉に少し戸惑う。
手伝っても手伝わなくても、彼らの給料は同じなのでは?と聞く。
減らされるのは困るけど。

今回の郵送代6500B(約19500円)
到着は2/11予定。
無事に着くかな、木彫りは割れたりしないかな、心配になる。。
どうか無事につきますように。
そして日本での手続きをまだ知らないので色々と不安が積もる。

引き取とりはあっという間だった。
後ほどインボイスを届けるということで、Tさんとオリジナルの最終的な材料の確認をするために生地屋に向かう。

予定のヘンプリョックの裏生地と、パンツの生地の色を選ぶ。
コットン。残念ながら草木染めではない。
また最後に、サンプルの時点で材料があっても本オーダーの時、今後同じ材料があるかどうかを確認させていただき、クリアしているものの材料を一部購入した。

その後、ホテルにもどりオリジナルのサンプル希望のオーダー用紙に細かく書き込む。
何度も確認、最終的にサンプルまでたどり着けたもの、
★スカート3種
★ヘンプリュック
★ブラウス
★手持ちバック3種
★Tシャツ3種
のうち、ヘンプリュック、手持ちバック2種、現地でオリジナルにしようと決めたパンツの計3アイテム、4つだった。

探していたブラウスは生地自体が見つからなかった。
生地屋は日本のものもあるくらい(もちろん高いでも質がよいとの評価があるそうだ)でタイならでは、というものではなかった。スカートにしてもとにかく生地の種類がなかった。
日本のほうがはるかに豊富な種類があることは一目瞭然だった。

Tシャツは、シルクスクリーンのプリントで、プリントする内容まで考えてきたのだが希望する生地ではサンプルが作れないのことが現地に来て初めて分かったのだ。
私が探していたのは紹介してくださっていた無地の白地ではなく、生成りの漂白していないものだった。でもそれは本オーダーが前提となるため、うまくできるかも分からないのに多くのストックをかかえることは今の私にはできないと判断した。

用紙を自分用にコピーし、サンプル用の生地を貼付け提出する。
希望していたものが全部できなかったのは残念だったが、妥協はしたくなかった、そしてできる可能性のあるものに対しての出来上がりに期待したいと思う。

|

« 知的障害者施設を訪問/Facilities of person of handicap(7日目) | トップページ | 仕入れ最終日Day of purchase of the end (13日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荷物の発送、オリジナル商品のサンプル(11日目):

« 知的障害者施設を訪問/Facilities of person of handicap(7日目) | トップページ | 仕入れ最終日Day of purchase of the end (13日目) »