« ロゴデザインが生まれました! | トップページ | 物件リサーチ »

2005/12/21

HIV感染者のサポートをしているお寺へ訪問/Temple where HIV-positive is supported (9日目)

都合により、日曜日の訪問になってしまったが、予定していたHIV感染者のサポートをしているお寺「ワットフアリン」にお取り引きのTさんと訪ねる(写真あり)。

ファリン寺はチェンマイからおよそ30km南方のファリン村にあり、寺は1995年からHIVと共に生きる人々のグループPhrasanjaiのサポートをしている。
タナワット寺院総代表や他の僧たちは、仏の道の教えに沿ってHIVが引き起こすさまざまな問題に対処しており、利用者が手工芸品の制作を通じて社会への参加も持続しながら、経済的にも向上を目指している。
さまざまな問題とは、タイだけではないが知識がないゆえの偏見、差別、予防不足など上げられるだろう。

今回は私もオリジナル製品を作るにあたって、材料や条件などがあれば是非利用させてもらいたいと考えていた。
主に、手織り、草木染め、衣類やポーチなど作っている。
考えていたアイテムは、ブラウスだ。
材料はどこかで探しても草木染めができたらと考えていたが、実は今日になっても希望の生地が蜜からないのだ。。この後もブラウスの生地を探しに行く。

とりあえず、今日は見学という形で敷地内にお邪魔させていただいた。
お寺のお坊さまが案内してくださる。
広い部屋に機織り機が何台もずらっと並んでいる(写真あり)。
作業途中のものもあり、紺と赤と白が入ったグラデーションが美しい(写真あり)。
商品のストックのある部屋の壁には、所々に最近行われた行事やイベントの写真がきれいに飾られていた。
Tさんが解説してくださる。

敷地内の庭先では、2月に行われるチェンマイで行われる恒例の「花祭り」(1,2,3.4日)の準備をしていた。
全て発泡材から大型カッターなので細かく彫ってゆく。
繊細な芸術作品だ(写真あり)。

この大きな飾りたちは、色鮮やかな花で覆われた山車のパレードに乗せられワローロット市場を回り込んで、ターペー通りを巡回するコースをたどるそうだ。
ビューティーコンテストや工芸品の販売など多くのイベントがこの期間繰り広げられる。
見れなくて残念。

この後、オリジナルについての打ち合わせを行う。
確認に確認を重ね、今回サンプルまで起こせるものを最終的に判断する。
注文フォームの提出をそろそろしなくては。

It visits to temple "Wattofarin" to support HIV-positive who is scheduling it with Mr. T who has dealings though it has become a visit on Sunday by convenience (There is a photograph).

The fa phosphorus temple is in the fa phosphorus village in about 30km south from Chiang Mai, and the temple supports group Phrasanjai of people who live with HIV since 1995.
As for the Tanawat buddhist temple representative table and other monks, it deals with various problems that HIV causes according to showing the road in France, and the user is aiming at the improvement economically as participation in the society continuing through the production of the handicraft goods, too.
A prejudice, discrimination, and preventive shortage, etc. because of there is no knowledge though Thailand alone will be raised with various problems.

I wanted to have been going to use it by all means if there were a material and a condition, etc. when I also made an original product this time.
It is chiefly hand-woven, the plant dye, is clothes, and the porch etc. are built.
The thought item is a blouse.
Even if today comes to tell the truth, the cloth of hope is not found though it thought the material to be able to do the plant dye even if looking for somewhere. 。It goes after this to look for the cloth of the blouse.

I was going to obstruct it in shape of visit on the premises today for the time being.
Temple guides it.
The weaving looms how many are lining up in commodious room with (There is a photograph).
There is the one under work, too and the gradation that the navy blue, red, and white enter is
beautiful (There is a photograph).
The photograph of the event and the event that had been held in some places recently was being
beautifully decorated by the wall of the room in which the commodity was stocked.
Mr. T explains.

The Blossom Festival done in February was prepared in the garden in
the site.
Because it is a large-scale cutter, everything is carved from the
foam material in detail.
It is a delicate artistic production (There is a photograph).


It is done in the Nombacchat park.
Established custom held by Chiang Mai"Blossom Festival"
A lot of events like the beauty contest covered with brightly-hued flowers including the parade of the float and sales of the craft goods, etc. are unfolded and this period is unfolded.
I hear that this work was used because of the parade.
It is not possible to see and it is regrettable.

Original meeting is done after this.
The confirmation is done repeatedly to the confirmation, and the one
that even the sample can be set up this time is judged finally.
Submitting the order form when not slowing down.

|

« ロゴデザインが生まれました! | トップページ | 物件リサーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HIV感染者のサポートをしているお寺へ訪問/Temple where HIV-positive is supported (9日目):

« ロゴデザインが生まれました! | トップページ | 物件リサーチ »