« LOHAS | トップページ | ハンディを持つ作り手たち »

2005/10/18

生産者と共に生きる

以前、雑貨店でのお取り引きのあったTさんと、オリジナル商品の準備を兼ねて夏から連絡を取り合っている。Tさんは、タイで現在買い付け代行の仕事をしている。

メールのやり取りでは、Tさんの仕事に対する想い、考え方、こだわり、そして生産者のことや町ではこの夏から秋にかけて3回も洪水が起きてしまったことなどを聞いたりしていて、私も準備中のことなどでご相談しながらコミ二ケーションを取っている。

商売の長いTさんがお話されることはかなり説得力があり、勉強になる。
「生産者と共に生きる」というのがTさんのビジネスのコンセプト。生きるとはなにかとか、こだわりついて深く深く考えるTさんに圧倒される自分がいて、足りないものが多いと、今日も感じる。

Tさんのパワーをもらいながら年末か年明け、タイに仕入れに行く予定。

The preparation for Mr. T in General Store who has dealings who is and original goods is held concurrently and it has contacted since summer before each other. Mr. T is doing the work of the purchase agency in Thailand now.

Two Comi Cation is taken from this summer to autumn as many as three times by hearing the flood occurred in the desire to the work of Mr. T, the attitude, sticking to, the producer, and the town in the communication of mail while consulting while I also am preparing it.

It is considerably persuasive, and studies the talk of Mr. T with a long business.
"Live with the producer" is a concept of the business of Mr. T. It is felt that he overwhelmed by Mr. T who thinks by sticking to and attaching deeply and deeply what living is is, and there are a lot of insufficient one today.

It is scheduled to go to Thailand to stock while getting the power of Mr. T
before the end of the year or the new year.

|

« LOHAS | トップページ | ハンディを持つ作り手たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生産者と共に生きる:

« LOHAS | トップページ | ハンディを持つ作り手たち »