« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/28

ハンディを持つ作り手たち

23日はアースディ、25日は五反田の「モンド.エスニカ」の見本市に仕入れの開拓に行って来ました。

アースディはもう恒例イベントでアマチュアやプロも出店していますが、その中で草木染めのショールなどを扱っている福祉作業所からの出店がありました。
扱っているのはカラフルで美しい色を出している草木染めたち。。
是非、取引させて頂きたいと思いました。

保育士養成学校在学時のことですが、施設実習で知的障害者施設に行きました。
彼らが作っている手工芸品は市役所やバザーなど販路が限られているようです。
商品には押し花の手透き紙や織物もあり、可愛いものあって、もっとチャンスがあれば売れるのになと思っていました。手作りなのに値段も安すぎるような気がします。

完成するまでには職員のサポートは必要ですが、ハンディのせいで集中力を持続させることは難しい彼らにとって、また不自由な身体で毎日何時間も単調な作業を続けることはかなりのエネルギーを使っていると思われます。

訓練もかねているので頑張ってほしい、また彼らが作ったその成果を、彼ら自身がもっと知れるチャンスがあればいいのにと思います。

It went to the mentally deficient peperson facilities by the facilities practice though it attended school the child care person training school. As for the handicraft goods that they are making, the market such as city offices and bazaars seems to be limited. It was trowed if Tetoo paper and the cloth of the pressed flower in the commodity were, existed ..lovely.. ..the one.., too and there was a chance more as selling. I think that the price is also too low though it is handmade.

It seems that continuing monotonous work for a long time every day by they difficult and handicapped bodies uses considerable energy to make it sustain one's concentration because of handicap though the staff's support is necessary by completion.

Because there is training beforehand, too it wants you to hold out and I think the result that they made for the chance that they know more to only have to exist.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/18

生産者と共に生きる

以前、雑貨店でのお取り引きのあったTさんと、オリジナル商品の準備を兼ねて夏から連絡を取り合っている。Tさんは、タイで現在買い付け代行の仕事をしている。

メールのやり取りでは、Tさんの仕事に対する想い、考え方、こだわり、そして生産者のことや町ではこの夏から秋にかけて3回も洪水が起きてしまったことなどを聞いたりしていて、私も準備中のことなどでご相談しながらコミ二ケーションを取っている。

商売の長いTさんがお話されることはかなり説得力があり、勉強になる。
「生産者と共に生きる」というのがTさんのビジネスのコンセプト。生きるとはなにかとか、こだわりついて深く深く考えるTさんに圧倒される自分がいて、足りないものが多いと、今日も感じる。

Tさんのパワーをもらいながら年末か年明け、タイに仕入れに行く予定。

The preparation for Mr. T in General Store who has dealings who is and original goods is held concurrently and it has contacted since summer before each other. Mr. T is doing the work of the purchase agency in Thailand now.

Two Comi Cation is taken from this summer to autumn as many as three times by hearing the flood occurred in the desire to the work of Mr. T, the attitude, sticking to, the producer, and the town in the communication of mail while consulting while I also am preparing it.

It is considerably persuasive, and studies the talk of Mr. T with a long business.
"Live with the producer" is a concept of the business of Mr. T. It is felt that he overwhelmed by Mr. T who thinks by sticking to and attaching deeply and deeply what living is is, and there are a lot of insufficient one today.

It is scheduled to go to Thailand to stock while getting the power of Mr. T
before the end of the year or the new year.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »